« なんかおかしい?パート2 | トップページ | 青空 »

2005年7月24日 (日)

思い出に残る訪問

土曜日は、学生時代の友人宅へお邪魔するため立川へ。
彼女の家に行くのは2回目なのだが前回は妊婦だった彼女も
無事に子供が産まれたのでお祝いをするための訪問。
近くのベビーザラスでお祝いの品を探すのだがチャイルドシートも
ベビーカーもいろいろあって結局決めきれず
商品券を贈って後でゆっくり決めてもらうことになった。

彼女は大手銀行で課長にまでなっている出世コース。
ただ、その銀行では育児休暇もその後の復帰のあとの体制もあまり整っていないらしい。前例が極端に少ないからだろうか。
ワタシの前の会社は全社員300人に対し既に10人以上の育児休職者を経験しており
復職後、時間短縮(時短と呼んでいた。朝と夕と1時間ずつの短縮勤務)も取れるし、
かなり好意的に育児休職を受け入れていた。
(ただ、ワタシはそのあまりに好意的な体制も好きになれない部分ではあった。
徹夜も激務も、しわよせがどこかにきていることを自覚していない人も多かったので)
彼女は、そういった優遇もないので、子供の送り迎えは両親や旦那さんに頼み、
朝7時出勤、20時過ぎまで働くという出産前と変わらない生活をしていくらしい。
それでも仕事をするのが楽しみと言う彼女は本当にステキだった。

ワタシは彼女のような強い意志がないのでそこまでできるのかなぁ。
もう少し自分のやりたいことだけを考えていたいというワガママちゃんだしなぁ。

途中、地震発生で帰るのに4倍以上の時間を費やしてしまった(>_<)。
前回の訪問では台風でびしょ濡れで帰ったし、なぜか彼女の家に訪問すると
印象深いことが起きる。。それはそれで面白い。次に行く時は何がおきるかな?

|

« なんかおかしい?パート2 | トップページ | 青空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごまさんこんにちは~!

土曜日の地震大丈夫でしたか?
私はちょうど出勤していたので会社で怖い思いをしました。
かなりボロいウチの会社のビルの末路を見た気がしました・・・・
しかもちょうど帰る間際だったので電車も動かず、夫に車で迎えに来てもらったのですが道路も混んでいて
自宅に着いたのは23時近くでしたよ(涙)

お友達の方も育児をしながらお仕事を続けるんですね。
私も復帰してから会社に迷惑をかけながら何とか続いています。
子供が保育園に入園してから何かと病気をもらってきて、休まざるを得ないこともしばしばで
「ほんとに仕事を続けていていいんだろうか」と悩むことも多いです。
私がやっている仕事は設計業務なので、図面を描くのは家でもできるけど、
一人でやっているわけじゃないからチームワークが必要なんですよね(締め切りもあるし)
上司も同僚も「まず子供を第一に考えて」と言ってくれているので本当に感謝しています。
お友達にもぜひ頑張ってほしいと思います。

これからの時代、育児をしながら勤める女性は必然的に多くなると思います。
もっと国や自治体の制度が女性が働きやすい環境に変わらないかなぁと思います。

投稿: アンニン | 2005年7月26日 (火) 08時37分

地震、揺れましたね~。
ワタシは立川のお宅(一戸建て)にいたので
それほどでもなかったですが、会社(ビルの13F)にいた人は
かなり揺れたと話してました。
運転復旧のニュース速報を見てから帰ったのに
結局、一駅ごとに10分以上止まってしまい、
普段なら30分が2時間以上かかりました。
さらに次は台風・・・。今日は会社に来るのがいやでした・・・。

育児休職って、誰かが前例を作ればきっと取りやすくなるんですよね。
前の会社でも第一号の人が頑張ったおかげだろうな、と思います。
その方とは復職後の最初のチームが一緒だったのですが
少ない時間の中で成果を挙げているのが本当にカッコよくて
(もともと、とてもデキル方だったんですよね~)
ワタシはあそこまで費用対効果をあげられない・・・
と逆に落ち込んじゃうほどでした(^_^;)。

ワタシは母がずっと働いていて、その影響が大きいんです。
母のころは育児休職がなくて産後休暇のみで復帰したそうです。
ワタシは親戚や保育ママ(私設の保育室みたいなものですかねぇ)、
0歳児からの保育園、と転々とし、なんとかここまで育ちました。
なので母に言わせると育児休職はとてもうらやましいそうです。
「私たちがガンバって勝ち取った制度なんだから、ちゃんと使ってね~」
なんて言っています。

子供を育てることも、仕事をすることもどちらもすごく
大事で重要で大きなライフワークですよね。
ワタシ自身が、まだそのバランスのとりかたが分かっていないので
ちょっぴり複雑な思いもあり、この手の内容がいつも支離滅裂になってしまってます。
ゴメンナサイ。

今の会社もお子様のいる方や妊婦さんもいます。復職された方もいます。
少しずつですけど制度や社会は変わっていると思うのですが
どちらかというと、周りの人のとらえ方がついてきていない、という気もします。
ワタシが転職する時、数人の方には「家庭に入るの?」という声がありましたし
男性社員と話していてもどこかで「女性がそこまで働かなくても」という
ことをほのめかすんですよ。または「奥さんにはそこまで働いてほしくない」とか。
(前の会社は徹夜作業もあるし、残業時間100時間を越える部署も珍しくないです。)
アンニンさんの会社の皆さんは好意的ということなので、
きっとそのあたりの理解度が高いし周りの人の力は大きいので大丈夫ですよ!!

あとはなんといってもダンナ様と近くにご両親がいらっしゃったら
少しでも手伝っていただくといいですよ。
子供が小さいのはひとときで、ずうっと、と言うわけではないですものね。
大きくなってからの方が圧倒的に長いですし。

長くなっちゃいました。またゆっくりお話したいですね~!

投稿: ごま | 2005年7月26日 (火) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/5137664

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出に残る訪問:

« なんかおかしい?パート2 | トップページ | 青空 »