« ウレシイデキゴト | トップページ | 東京タワー »

2006年1月 9日 (月)

箱根でレトロ建築に浸る

3連休なので、思い立ち急に旅行へ。

雑誌で見つけた箱根の「萬翠楼 福住」という旅館に当日連絡。
一部屋だけ空いているということで決断。
(ちょっと高かったけどショウガナイ)
この旅館は現役の旅館では唯一の国の重要文化財に指定されているそうです。
(それだけ古いってこと^_^;)

ロマンスカーに乗って夕方到着。

確かに、レトロな雰囲気です。擬洋風建築ということで
和室にシャンデリアがあったりします。
私たちのお部屋は新館(といっても古い)で、
和室と奥間にコタツ、内風呂付きでした。
館内を散策。
焼き物のステキなシャンデリアと金泉楼(きんせんろう) への入り口
DSC00673_s DSC00621_s
この頃、昭和モダン建築マイブームなのでオッケーでした。
お料理もおいしかったし、温泉は肌がツルツル。 
旅館にあった雑誌 旅の手帖12月号で建築探偵 藤森照信さんも訪れていました。

翌日は仙石原のポーラ美術館
日本建築学会2004年作品賞のキレイな建物でした。
展示室はかなり広くぐるーッと周ったら2時間ぐらいかかってしまった。
DSC00638_s DSC00655_s
なので星の王子様ミュージアムやラリック美術館へ行くのも
諦め、また旅館へ戻ることに。

旅館は15号のお部屋がとてもきれいなので、そちらを
チェックアウト後に見せてもらうことにしていたのでした。
天井に絵画、掛け軸は伊藤博文の書だそうです。
3部屋がつながっていて4名以上でこのお部屋にも宿泊可能とのこと。
またまた市松模様。モダンだわ。
DSC00677 DSC00661_s

DSC00670_s
車よりも行動範囲は狭まるけど、電車で一時間ちょっとで行けるし箱根って便利便利。

|

« ウレシイデキゴト | トップページ | 東京タワー »

建築」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
以前にかもめの玉子でコメントしたtakachanと申します(*- -)(*_ _)ペコリ
「旅の手帖12月号」私も持ってます!
実は友人の建築士さんの影響なのかな
建物を見るのが好きになり
この雑誌を見つけて買いました!
いつかは旅したいなあ、なんてことを思いながら雑誌みてましたぁ(^.^)
レトロ建築かなり好きです♪

投稿: takachan | 2006年1月10日 (火) 20時27分

takachanさん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

レトロ建築、いいですよね~!!。
コンクリート打ちっぱなしもかっこいいですけど
昭和建築は温かみがあって、装飾がきれいで。
いつも気になるのが照明です。
各部屋違っていることも多くて(庭園美術館とか)楽しみなんです。
カテゴリーの建築に幾つか東京のレトロ建築載せているのでよかったら見てみてください~。

投稿: ごま | 2006年1月11日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/8086517

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根でレトロ建築に浸る:

« ウレシイデキゴト | トップページ | 東京タワー »