« アルペンスキーの知名度 | トップページ | 延命治療 »

2006年2月28日 (火)

勝手にトリノオリンピック総括

長かったようで、短かったようで、終わってしまいました。オリンピック。
冬季オリンピックって「滑る」競技がほとんどなんですね。
雪か氷が関連するから当たり前といえば当たり前だけど、受験生には厳しい(?)

全体的な結果は残念でしたね。アマなのかプロなのかはわかりませんが
スポーツをすることを仕事にしているのですから、結果が出ないというのは
サラリーマンがコンペで落ちたとか、営業100件まわっても取れない、というのと
ある意味同じですよね。100件もまわっているんだというのは言い訳にしかならないですし。

スポーツライターさんは「4位をほめろ」だのたくさん書いていますが
3位以内と4位はまったく違うし、1位と2位も違う。

ワタシは学生時代アルペンスキーをやっていて(しつこい)
6チームぐらいの対抗戦ではメダルを貰っていたりもしました。
(関東にある大学全体の大会では一桁台ぐらいの成績)
メダルは何個か貰えたのですが金メダルがないのです。
同期でライバルだった人がいて、ワタシのほうが総合成績はよかったのだけれど、
その人は1つだけ金を持っていました。
ずっと追いつけないな~と思って悔しくすごした日々がよみがえります。

それと、コメントをする人たちのレベルの低さ。
荒川さんに
「いやぁ、ぼくはスルツカヤとサーシャコーエンに転べ!って念じてたんですよ。」
というスポーツマン精神以前に心が醜いとしか思えない元プロ野球選手。
いつもスポーツ中継をしている番組を見ると悲しくなるのだが
日本びいきになりすぎて、相手を蹴落とすことしか考えていない。
相手のミスをことさらに喜ぶ。実況よりも解説者に意外と多い。
思い入れがあるのはわかるけれど、みっともない。
スポーツは音なしが一番楽しい。それだけでドラマですもの。

|

« アルペンスキーの知名度 | トップページ | 延命治療 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/8869955

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にトリノオリンピック総括:

« アルペンスキーの知名度 | トップページ | 延命治療 »