« 祖母の葬儀と長男の嫁 | トップページ | 感動の吉本新喜劇 »

2006年3月 6日 (月)

前川國男建築展へ

展示最終日にやっと行ってきました。(この頃最終日ばっかりだなぁ・・・)
東京ステーションギャラリーで行われていた前川國男建築展。

昼過ぎに行ったらかなり混んでおりました。
ステーションギャラリーに向かう階段。
レトロな雰囲気。よいですね~。
DSC00826_S

前川さんの建築は、吹き抜けがきれいだし、
広々としてゴテゴテしていないのが好きです。
海外のコンペ作品なんかもちょっと意外性があって面白かったです。

前川國男自邸は現在は江戸東京たてもの園にあります。
数年前に行ったとき、日光の差し込むリビングに感激したのを思い出しました。
その時撮った写真↓。
DSCF0044 DSCF0045

|

« 祖母の葬儀と長男の嫁 | トップページ | 感動の吉本新喜劇 »

建築」カテゴリの記事

コメント

「前川国男建築展」を見た!
遅くなりましたが、トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: tonton3 | 2006年3月24日 (金) 13時59分

TBありがとうございます。
たてもの園の前川國男邸もステキでした~。

投稿: ごま | 2006年3月24日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/8962301

この記事へのトラックバック一覧です: 前川國男建築展へ:

» 前川國男建築展 [別冊 社内報]
前川國男建築展を 東京ステーションギャラリーで 見る。 正確には”ギャラリーに行ったら 建築展をやっていた”。 今回ここを訪れたのは、日曜日に この建築展が終わると、ここが しばらく閉館になるため。 ここは学生の頃からよく訪れた。 東京駅の煉瓦を活かした内装が、吊るされた展示物に 渋味を加えてくれていた。 建築展は、そんな残念がる内装ファンよりも、前川先生が引いた 図面を見たさに訪れた建築関係者や学生でいっぱいだった。私も、内装を惜しみに入った 割には、先代... [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 16時11分

» 「前川国男建築展」を見た! [とんとん・にっき]
先日の「吉村順三建築展」に引き続き、今年最後の美術館めぐり、東京ステーションギャラリーで開催されている「前川国男建築展」を見てきました。副題は「モダニズムの先駆者生誕100年」とあります。午前中に行ったので、比較的空いていて、ゆっくり見ることができまし... [続きを読む]

受信: 2006年3月24日 (金) 13時57分

« 祖母の葬儀と長男の嫁 | トップページ | 感動の吉本新喜劇 »