« オススメ本その2-WEB進化論- | トップページ | アスプルンド展 »

2006年4月 7日 (金)

コンピュータ用語は変わっている

きっとどの業界でもあるんでしょうが
IT用語って独特なものがあります。
特に擬態語、擬音語、動詞。

プログラムをコーディングするとき
ツールなどに頼らずにプログラム言語をそのままコーディングすることを
ゴリゴリ書く、とかガリガリ書くとかいいます。

実際に出来上がったプログラムの動作確認をしているとき、
スムーズに動くときは
サクサク動く、
なんだかきごちないとき、ゆっくりめのときは
モッサリしている
と言ったりします。

ワタシが嫌いな使い方はプロジェクトが切羽詰っていたり
議論白熱の状態を「香ばしい」ということ。匂いなんてしないのに。

以前の会社ではオンライン処理(日中リアルタイム処理)と
バッチ処理(夜間に集計・統計など)を行っていて
夜中にワタシが同僚と
「ジョブがコケてたのでバッチが押していてオンラインが立ち上がらない」
と電話してたのを聞いた彼が「変なの!」と笑っていました。
時間が押すといっしょなんだけれどなぁ。
オンラインが立ち上がらないと言うのが違和感なのかな?

パソコンを立ち上げて、と言ったらパソコンを縦にしたという話。
ココにマウスを当てて、と言ったらディスプレイにマウスを直接付けたという話

ネタのようですが、あるみたいです。
なんでも伝わると思ったら大間違いですね。

|

« オススメ本その2-WEB進化論- | トップページ | アスプルンド展 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/9471962

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ用語は変わっている:

« オススメ本その2-WEB進化論- | トップページ | アスプルンド展 »