« 東京ジャーミイ | トップページ | 三鷹天命反転住宅 »

2007年3月27日 (火)

オープンハウス見学

24日(土)に、リオタデザインの関本竜太さんの自邸(兼事務所)の
オープンハウスにいってきました。建物名はOPENFLATというそうです。

リオタさんを知ったきっかけは、4年前のフィンランド旅行です。
情報がたくさん載っているWEBサイトを見つけたのが、リオタさんのWEBページ
私たちが行きたいマイレア邸のあるポリにも
在住のご友人がいるということで、実際に行ったときに案内までしてもらいました。
いつかお礼がしたいと思っていて、見学ということでやっと実現。
(お礼になってないかもしれないけれど ^_^;)

フィンランドの設計事務所でも働いていたリオタさんの建物は
フィンランド好きのワタシ達の感性とやっぱり合います。
ワタシは中庭のあるコの字の家に憧れていて、まさに、到着したとたんに
「うわ、ドンピシャ。」
どんどん引き込まれてしまいました。
どこまで載せて良いかわからなかったので、外観と中庭からと、
そして模型だけにしておきますが
部屋の中も随所に工夫がされていて、ワタシが特に好きだったのは
焼杉を使ったという陰影つきコンクリート打ちっ放し。
天井の間接照明もステキだったなー。庭もきれいだったなー。

Dsc00346_cDsc00350
Dsc00253
Dscf0315
建物の色合い、素材、そして緑との調和。
いいなぁ。こんな豊かな空間を自分で作り出せるなんて。
全面コンクリート打ちっ放しもそれはそれでかっこいいし、
真っ白な家もやガラス張りの家もイマドキで素敵だけれど
ワタシは圧倒的な存在感を見せ付けるよりも
さりげなくて、それでいて、居心地がよい、みたいな家が好きなのです。
吉村順三とか、宮脇檀とか、古い建築家の建物についつい眼がいきます。


そして、もう一つ。
ワタシは文章も人柄を表すアウトプットの一つだと思っていて、
リオタさんの文章から読み取れる、リオタさんの物事の捉え方が好きなのです。
ゴテゴテしていなく、すっきりと、そしておおらかな人柄がうかがえます。
建築家というと勝手に理系だと思っているのですが、
リオタさんの文章はとても読みやすく、わかりやすい。
頭の回転の良い方なのだろうなと思っていましたが実際にお会いして
やはりとても、明瞭で素敵な方でした。
(声も聞きやすくて、営業マンとしても十分やっていけそうな雰囲気だと、彼と話してました。)

フィンランド旅行が終わってからも楽しみに読み続けているブログであり、
そして建築家としても尊敬しつつ、ずっと作品に注目しています。

今までめぐった建築は個人住宅がほとんどないので、
やっぱり、情報が少なくて、もっともっといろいろな空間を見たいな、と切に思いました。
これから、少しオープンハウスめぐりにも重点をおくことにしようと決心。

|

« 東京ジャーミイ | トップページ | 三鷹天命反転住宅 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/14424694

この記事へのトラックバック一覧です: オープンハウス見学:

« 東京ジャーミイ | トップページ | 三鷹天命反転住宅 »