« 見積もり提出!でも手放しには喜べない。。。 | トップページ | 建築士と言う仕事 »

2008年4月 5日 (土)

土地になじむ家

以前の日記で、近さをとって土地を購入したことを書きましたが
もう1つ”近さ”を選んだものがあります。
それは、建築士さんです。

建築士さんを決める際、最後まで悩んだ方がいたのですが、
都内の事務所ではなく、片道2時間近くかけて何度かお邪魔していました。
その方の作品は天井は木の梁を生かすものが多く、
さらに今まで手がけているのも同じ県内が圧倒的に多いです。

お会いしただけで終わった建築士さんの中に、建物はとってもステキなんだけれど、
外とのつながりがまったく感じられなかった方がいました。
外部と閉ざしている上に、スケールと雰囲気が合わない。
写真ではきれいなのだけれど、行ってみるとちょっと浮いている。

建物というのはその地域に調和していてほしいと思うのです。
新興住宅地でズラーっと同じ建物が並ぶのもそれはそれである意味、景観だと思うし
目黒などの都心ではデザインの凝った家の並ぶ住宅街も多くあります。

残念ながら、買った土地の周りがとりたててデザインに凝っているわけではないです。
(もうちょっとオシャレな所で建てたかったですが予算がないのでしょうがない。
でも、近くに中村好文さんが設計されたお宅がありとてもステキです。)
3区画の建築条件付の1区画分を買ったので、
隣は新築の3階建てのペンシルハウスが建ちあがります。ワタシたちの家は2階建て。

残り2棟に飲み込まれない住宅。
さりげなく主張できて、でも奇抜でなく、違和感もなく。
そして、なんと言ってもその建築士さんのテイストを十分に表現できる住宅。

ワタシの住んでいる区は防火条件がちょっと厳しくて、
まぁ、準防火地域とほとんど同じらしいのですが
天井を梁むき出しにすることはできず、その悩んだ方の良さが出てこない。

色々と考えた所、建築現場に近い方がスタイルが近いと感じ、結論に達しました。
もちろん、近さだけで選んだわけではないですが 笑

副産物(?)として良かったことは設計段階から、
何度も土地に足を運んでくださっていること。
それとワタシたちも打ち合わせに行きやすいことです。自転車で行くので交通費もタダ。
遠くだとそのまま外でご飯を食べて(飲んで)…と流れていくのがワタシたち夫婦なのですが
すぐに帰ることの出来る距離はちょうどよいです。

住まいブログのランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします。→クリック

|

« 見積もり提出!でも手放しには喜べない。。。 | トップページ | 建築士と言う仕事 »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/40768311

この記事へのトラックバック一覧です: 土地になじむ家:

« 見積もり提出!でも手放しには喜べない。。。 | トップページ | 建築士と言う仕事 »