« 家づくりのカテゴリを整理しました。 | トップページ | 諦めたもの その2 内開きのドア »

2008年5月21日 (水)

諦めたもの その1 地下室

確認申請提出中は、特に進展もないので、
設計にてあきらめたことと、採用したことをつらつらと書いていこうと思います。

まず、諦めたことの構造レベルとして、

地下室、スキップフロア

狭小住宅において、部屋数アップのための逃げ道としては、容積率に算定されない
■地下室(床面積の3分の1までで、地上に出ている部分は1mまで)、
■1.4M以下の天井高の部屋(ロフトや納戸として使える。  こちらも総面積は条件あり)
が、多いのではないかと思います。もちろんワタシたちも考えました。

我が家の敷地は旗竿形で、西側が接道面です。
東側は学校の裏手で、南側は以前も書きましたが、3階建ての建売住宅がそそりたってきます。

そして、北側は、水路です。2m幅ぐらいの歩道で、車は入れません。昔は農水路だったのでしょう。
くねくねとしていて、ちょっと味わいのある小道です。
道路の地下には水道管が通っており、雨水を受け止めるマンホールもあります。

水路の横に地下室。やはり湿気や結露が心配。大洪水も心配。
(いままで、この地域で床下浸水はないですが。)

設計士さんとお話をしていても、地下室を作ることに肯定的な人は誰もいません。
ということで諦めました。

半地下階からはじめて、2階半までのスキップフロアというのも考えましたが、
自分たちで間取りを考えてみたのですが、どれもイマイチでやめました。

狭小地で、何が場所をとるかというと、「階段」です。
上下階両方でスペースを確保しなくちゃいけないし、長さや幅も必要だし。
階段をどうするか。どこにつけるか。
これが重要なコンセプトになりました。(階段については別途書きます)

住まいブログのランキングに参加しています。クリックどうぞよろしくお願いします。

|

« 家づくりのカテゴリを整理しました。 | トップページ | 諦めたもの その2 内開きのドア »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

コメント

地下の湿気はすごいですよ。
いきなり畳にカビがはえましたから。。。
すぐに気付いてふき取ったら跡は残りませんでしたけど。
それ以来、大容量除湿機フル稼働です。

特に2~3年はRCから水分が出てひどいみたいです。
そろそろ梅雨時なので注意せねば。

投稿: +S | 2008年5月21日 (水) 23時12分

こんにちは。
パパブブレの日記がとてもわかりやすく素敵だったので、弊社のブログで紹介させていただきました。
不適切でしたら削除いたしますので、お伝えくださいませ。
よろしければ読者登録(相互リンク)いただければ幸いです。ご連絡お待ちしております。

投稿: 女性起業塾 大濱 | 2008年5月22日 (木) 11時55分

+Sさん

畳にカビですか…。

ワタシの実家が半地下スキップフロアだったのですが、
地下の部屋の押入れに入れたアルバム数冊を梅雨の時期にだめにしました。
なので、「地下作るかも」と親に言ったら、大反対してました(笑)

RC造は数年は湿気が多いんですよね。設計士さんにも、本をRCの壁につけないように気をつけてと言われました。
今の賃貸マンション(RC打ちっぱなし)は竣工後3年で住み始めたので、それほど感じませんでした。新築でなくてかえってラッキーだったかも(?)
新しい家は、しばらくはこまめにチェックしないとカビカビになりそうですねtyphoon

投稿: ごま | 2008年5月22日 (木) 20時11分

女性起業塾 大濱 さま

コメントありがとうございます。
つたないブログを紹介していただき、光栄です。

経沢さんやトレンダーズさんの事、知っております。
お世話になる予定は今のところないのですが、
もし何かのご縁があればよろしくお願いします。

ココログは読者登録がないので、リンクを貼っておきます。(いずれ、記事でリンクをはるかもしれません)

投稿: ごま | 2008年5月22日 (木) 20時28分

うちも地下室はもちろん考えました。
地下は、掘って掘った土をどっかに捨てに行かないといけないわけで、そのコストが結構バカにならないのだと聞き、早々に諦めました。
坪単価も地上の倍近くになるんだとか。

地下は掘ってみないと水が出るかはわからない、と聞いたことあります。

投稿: くっち | 2008年5月23日 (金) 12時37分

くっちさん

何mも掘ると土もすごい量でしょうね。
隣の建売の残土が一時期ワタシたちの土地にも積まれてました。基礎部分だけでも結構ありました。

もともとRC造でいきたかったので、ボーリング調査をした時に水位も結果に書いてありました。予想通り(笑)高かったです。

投稿: ごま | 2008年5月24日 (土) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/41246859

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めたもの その1 地下室:

« 家づくりのカテゴリを整理しました。 | トップページ | 諦めたもの その2 内開きのドア »