« 税金優遇の期限など | トップページ | 家づくりのカテゴリを整理しました。 »

2008年5月19日 (月)

失敗プロジェクトの要因

ワタシは以前はSEです。今はプログラミングの講師をしています。

ITと建設業は非常に似ていて、
要件定義 - 設計 -プログラミング -テスト -納品
という流れや、関わっていく人々の役割が、建物を建てていく過程と非常に似ています。
要件をクライアントと詰め、仕様を決め、プロジェクトを管理し、そこで実際にモノを作り、
スケジュールを守り、納品し、納品した後も、定期的にメンテナンスをし、などなど。
ITアーキテクトという職種(職務?)もあります。

ジツは、ワタシの部署には「アーキテクチャ」という単語がついています。
設計士さん探しの時にワタシの名刺を出したら、
「なんでアーキテクチャなんですか?」と興味津々で聞かれたことがあり、
それ以降お渡しするのをやめました(笑)。

前置きはこれぐらいにして・・・。

SE時代も含め、数々のプロジェクトで、成功も失敗も経験してきました。
経験からみるプロジェクトの失敗・成功の要因を考察してみます。
ワタシはPMの資格もないし、それについての勉強もほとんどしていません。あくまでも経験です。

まずは失敗するプロジェクトの要因として一番だと私が思うのが、
■設計段階での仕様が曖昧である。
■仕様フェーズでの凍結がない。
  あるいは凍結したのに、凍結後も仕様変更を受け付けてしまう。

ワタシはずっと要件を伺う側だったので、逆の立場になった今、その気持ちが少しだけわかります。
決めたことを戻すユーザーさんも多かったですが、ワタシもついこの間やってしまいました。スミマセン。

スケジュールが遅れてしまうのも、仕様がコロコロ変わってしまうことによるわけですが
あとは「そもそものスケジューリングが甘い」というのも多いです。

いや、大体においてスケジュールは遅れていきます。
で、大事なのはそのスケジュールの遅れに対して、早めのタイミングで増員をしたり、スケジュールを調整したり、機能を一部カットしたり、プロジェクトマネージャーが判断すること。
その判断の速さや適切さが、プロジェクトの勝敗を決めるのだろうと思います。

それと、シンプルながらすごく重要なのが「コミュニケーション」
これまたマネージャーの力量が問われます。
用語の統一とかちょっとしたことで設計書は格段に読みやすくなります。

マネージャーは日々実働はしなくていいのです。
でも、しっかりと情報を吸い上げ、いざというときには何とかしてくれるという安心感を
メンバーにもユーザーにも与えることが重要なんだろうと思います。

話を戻して、家作りでワタシたち(ユーザー)がすべきこと。
仕様を早めに提示し、設計書がその仕様に合っているかチェックし、
チェック後は、ある程度腹をくくることが必要なんだな。と思います。
作るプロに、何に使いたいのか、どうやって使うのかをしっかりと伝えることがワタシたちの役目だな、と。

とはいっても、作りはじめてわかることもあるでしょうから、臨機応変な対応が出来る
というのもプロジェクトマネージャーの力量ではないかと思っています。
ワタシたちの場合は、今回、納期をかなり優先しているのですが、
場合によってはコストであったり、あくまでも品質!の場合もあるでしょうから。

住まいブログのランキングに参加しています。クリックどうぞよろしくお願いします。

|

« 税金優遇の期限など | トップページ | 家づくりのカテゴリを整理しました。 »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

コメント

嗚呼耳が痛いですねぇ。
家造りのことじゃなくて、仕事としてのプロジェクトの方ですが。

その経験が家造りに生かされている部分もあれば、似たような失敗もしていてホントに難しいもんです。

投稿: くっち | 2008年5月20日 (火) 08時54分

くっちさん
はい。ワタシもこんな偉そうなことを書きながら、
実際には仕事も家作りもなかなかうまくいきません。
今も「やっぱり戻したい」項目が出ています…。

くっちさんは同じような業種でしょうか?なんとなくそんな感じがします。

投稿: ごま | 2008年5月20日 (火) 20時46分

> くっちさんは同じような業種でしょうか?

だと思います。
いわゆるソフト屋ですが、今はコードは書かなくなりました。

投稿: くっち | 2008年5月23日 (金) 12時41分

はじめまして、適切な見解ですね。このように進めると打合せミス・施工ミスはなくなるでしょうね。しかし、家づくりは多くの方が生涯一度だけの体験でしょうから、行きつ戻りつ、ある程度の変更を受け入れながらやってます。コストや工期がギリギリだと無理ですが・・・

投稿: おがっち | 2008年5月24日 (土) 14時06分

おがっちさま
コメントありがとうございます。
偉そうに書きながらも、やっぱり実際に建ち上がってきたら変更したいところが出ると思います。
図面だけではわからないことも多いですし。
施工会社さんや設計士さんには、対応できることとできないことを、的確に見極めてもらえることを期待しています。あとは代案とか画期的な解決策とか・・・(リクエスト多すぎですね(笑))

投稿: ごま | 2008年5月26日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/41229660

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗プロジェクトの要因:

« 税金優遇の期限など | トップページ | 家づくりのカテゴリを整理しました。 »