« 初 法務局とIT化 | トップページ | 9月のルミネオフは12日(金)から »

2008年9月 3日 (水)

ブログの危険度

住まいブログのリンク先はよく見ています。
で、よく見ているブログで立て続けにブログの危険度に関連することが書いてあったので
ワタシの思うことを書いてみます。ちょっと辛口かもしれません。

ワタシがブログに書かないことというか書きたくないことがいくつかあります。
まずは

  • 名前(実名)。ワタシ、彼、勤務先、設計士、施工会社など、一応伏せてあります。
  • 写真。ワタシや彼が特定できるような写真はなるべく載せません。(まぁ、もともと撮らないんですけれど)自分は載っていないのに子供の写真はバッチリ載せているブログが多いので不思議です。たぶん可愛いので見てほしいという愛情からだと思いますが。

    それと・・・
  • 自分が撮った写真以外の写真。お店の宣伝になるから、画像を借りて載せるのがお店にとってデメリットでもないし、一概に悪いとは思わないのですが、写真は撮った人に著作権があるので、著作権違反と言われる可能性もゼロではないそうです。
    (リンクだけであればさらにグレーゾーンが広いのでほぼ問題ないそうですが)

 この後は、家作りにおいてのワタシのさらに個人主観です。セキュリティとそれ以外の要素が交錯しています。

  • 間取り(図面)。これはセキュリティが主な理由です。あとはあまりに狭すぎて・・・(笑)
  • 設備。これには2つの理由があって、ひとつは、予算が大体わかってしまうこと。
    ワタシは積算ができるわけではないですが、設備のグレードぐらいは目が肥えた人でなくてもわかると思うので、総予算もよめてしまうということ。
    それともうひとつは、使っていないものを紹介するのが憚かられること。
    今まで家づくりに関係しないものであっても、ワタシはできるだけ実際に使っているものや食べた事のあるものを書くようにしています。
  • そして、予算。
    昔、結婚式について、「華麗なる情報公開」と名付けたワタシです。
    プロフィールを知り合いにマイクを使って発表するわけですからね。
    で、家づくりを言うならば「華麗なる資産公開」だと思います。住む地域、家族構成、負債(ローン)。購入したもので年収だって想像がついてきます。

で、そうは言っても、正直、赤裸々なブログの方が読んでいて楽しいのも事実です(もちろんお金も設備も興味ありますから(笑))。危険度だって本当はよくわかりません。
設備だって、書きたいものはきっと書いてしまうだろうし、ポリシーというほどの大それたものもありません。ということで、つらつらと、本来のつぶやき日記に戻ってしまいました。

施主心得として、詳しく書いてあって参考になります。

住まいブログのランキングに参加しています。クリックどうぞよろしくお願いします。

|

« 初 法務局とIT化 | トップページ | 9月のルミネオフは12日(金)から »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Webでの情報公開はどこで線引きするかですね。
自分の部屋の中でつぶやいているつもりだけど、その部屋はガラス張りで鍵もない出入り自由な部屋で、世界中から見られている空間なわけですから、実生活と同じように情報の公開は気をつけないと。
*著作権&肖像権は気を遣います。基本は自分で撮った画像をのせるよう努力しています。


「建築中の建物の所有権は施工会社にありますから、施主と言えども、勝手に中に入ることはできないのですよ」という話を先日設計士さんから聞いたばかりです。私達は家の内装をすることになっていたので、最初から許可をいただいていましたが、確かに建築中の家は危険です。施主だからといって自由に振る舞ってよいわけではないことを知っておかないといけませんね。

投稿: 多ぬ吉 | 2008年9月 3日 (水) 12時03分

私にとってもタイムリー的なお話で‥
着工を前にこれからどれくらい書くのか
考え直さなくてはと思っていたところでした。
今までは「自分だったらこんな情報が知りたい」ということを
結構書いてきましたが
家族を守るという意味で
これからはセキュリティーをまず考えて‥となりそうです。
>写真は撮った人に著作権があるので、著作権違反と言われる可能性もゼロではないそうです
そうなのですよね。
一応ブログに載せている写真は掲載元からリンクで
表示させてますが
ひっかかるかもしれないです‥coldsweats02
そのうち整理するかもです。

投稿: ちろりんの嫁 | 2008年9月 3日 (水) 19時42分

こんばんは。ランキングからちょくちょく拝見しております。ネタ元、のこたちゃんです。
ブログのタイトルが本名という馬鹿施主っぷりなので、プライバシーだの個人情報だのと書いたところで全然説得力無いと思ったのに、反響が複数。(笑)

私の場合は、根が目立ちたがり屋ですので、自分の情報に関してはバンバン公開してますが、やはり、度を越すと怖いです。
以前、コンビニの駐車場で、知らない方から「ひょっとして、こたちゃんさんですか?」と、声をかけられた事があります。幸い、いい人でしたので、よかったものの、ちょっとビビリましたよ。
あ、これは車が目立つからで、私の容姿で気が付いたわけではありません。

そんな私も、さすがに予算などお金の情報は躊躇して出していません。
そこまで公開している方もおられますし、読むとものすごく参考になるのですが、自分ではさすがに、ね。

あ、最近、職場に隠れ読者が多数居ることも判明しました。
家のために会社をサボれませんね。(滝汗)

なかなか、難しい問題です。

投稿: こたちゃん | 2008年9月 3日 (水) 21時37分

多ぬ吉さん
コメントありがとうございます。
ワタシの仕事は教材をつくることがあるので、著作権も簡単に勉強しました。今はうろ覚えですけれど(笑)
現場にお邪魔した時は、
必ず「入っても大丈夫ですか?」と
「写真をとっても大丈夫ですか?」を聞くようにしています。
我が家の場合は狭小なので、あちこち材料が置かれていますし、作業の邪魔にもなりかねないですし、危険度2割増ぐらいですcoldsweats01

ちろりんの嫁さん
コメントありがとうございます。
ワタシは家族を守るというよりは、周りに迷惑をかけないように気をつけています。
家族は自分たちで責任を負えますが、例えば隣の家の窓や玄関の位置を知られ、問題が起きるきっかけを作ってしまうことのほうが心配です。
でも、矛盾するようですが、雑誌やテレビに出ている家は図面や間取りを公開していて、予算や住所が書いてある場合だってありますね。ワタシの今のマンションは複数の雑誌に住所も写真も間取りも載っています。
それで、何も起きていないですし、雑誌に載っているとちょっとうれしいし、そこから得られるものもあると思います。

それと、
>一応ブログに載せている写真は掲載元からリンクで
>表示させてますが
これは、いわゆる「直リン」ですね。
ワタシは、モラルの問題よりもネットワークトラフィックや相手側サーバへのシステム負荷の観点で直リンクはしないです。(一旦自PCに取り込んでアップしてます。)私の行動もほめられたことではないですが。

こたちゃんさん
あ、ブログタイトル・・・。変ったお名前じゃないから特別目立つということはなさそうですね。
(地域で電話帳1家族だけの名前だったりすると、特定できちゃいますが(笑))
予算も、はっきり書いている人もいますね。それでどうにかなるか、正直わからないです。
ただ、水栓金具ひとつからも予算の雰囲気は読み取れてしまう(算盤をはじいてしまう)のが、ワタシのセコい所ですcoldsweats02

投稿: ごま | 2008年9月 5日 (金) 00時50分

なるほどー。
確かに直リンは相手のサーバーには負担がかかってしまいますよね。
以前は一度保存してから‥でしたが
これってマズいのかなとある日思い、直リンにしてみました( ̄Д ̄;
どっちもよいことではないですね‥。
テレビや雑誌で紹介されているお宅は
間取りや工法、価格等細かく紹介されていたりして
見る側としてはとても参考になるし、夢も希望も膨らみます(笑)
テレビや雑誌はその道のプロが編集しているのだから
きっと法律やモラル違反は起きにくいだろうけれど
私のように法律等についてあまり詳しくないものが
気軽に公開できてしまうブログには危険があるということなのですよね。
ブログで扱っているものが多くの人が関わっている商品であり、
近隣とのかかわりも大きいものなので
もっと責任を持ってやっていかなくてはいけないなぁと
考えさせられました。
そんなにアクセス数はないですが‥(^-^;
ごまさんのマンションは雑誌にも載っているなんて
とても素敵なマンションなのですね。
さらに新居がどんな感じか気になっちゃいます(゚ー゚)

投稿: ちろりんの嫁 | 2008年9月 5日 (金) 20時47分

直リンは、法律ではほぼオッケーのようです。
というのも、違反か違反でないかは判例があるかないか、ということでしかないらしく、
直リンクは法律違反でないという判決がでているので。
ワタシは、一旦取り込んで加工しちゃうこともあるのでこれは違反ですね(笑)ワタシの方がタチが悪いです。

そう、書いてから改めて思いなおしたのですが、マンションと一戸建てでも、メディア掲載の反響は違うのかな、と。
ある雑誌に載った方の話で、突然「見せてください」と見知らぬ人が来ることもあるそうです。その方はいつも見せてあげるそうで、
そこまでの器の大きさはワタシにはないです…。

長くなりましたが、モラルも法律もセキュリティも結局基準はそれほどないと思うんです。
いろいろ書いておいてナンですが、気にしすぎて自分が書きたいことを書けないと、
ブログを書く意義も薄れてしまうとおもうので、自己満足万歳!でブログは書きたいことをかいていいツールなのではないのかな、と思います。
(一般人は大丈夫です、きっと。芸能人みたいにたくさんアクセスないですし(笑))

投稿: ごま | 2008年9月 6日 (土) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/42364426

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの危険度:

« 初 法務局とIT化 | トップページ | 9月のルミネオフは12日(金)から »