« お茶の水散策 | トップページ | papabubble 10月のディスプレイ »

2008年10月19日 (日)

施主ができること

IT関係のワタシは、プロジェクト単位で動くので仕事と家づくりがしばしばシンクロします。
(以前の日記 *1 *2)

このところ、Webサイト構築を勉強する機会がありました。
プロジェクト成功のためには
「曖昧さを残さない。後で決めればいいや、と伸ばさない」
など耳earの痛い話を聞かされつつ・・・(笑)。
(段階的にリリースできるので、Webは特に多いらしい。)

で、家づくりで実感するのは「プロジェクトを支えているのはやはりヒトだ」ということ。
出会った素敵な方々。

  • 設計士のアシスタントの方。
    ~曖昧だったり、後伸ばしにしたり、復活したり、
    めちゃめちゃなワタシたちの要求にも、冷静に対応してくれます。
    ワタシが逆の立場だったら、何度イラッとしたことかわからないです。
  • 現場のサブ監督さん。
    ~いつ行ってもどんなに忙しくてもワタシたちが行くと、つきっきりで対応してくれます。
    帰り際には「頑張りますのでよろしくお願いします」と。お見送りまでしてくれて、いつも「いい人だな」と感心します。
    大勢の大工さんをまとめていて大変だろうに、誠実な人です。
  • RCの型枠を作ってくれている型枠大工さん。
    ~十分に細やかなアシスタントの方が「キチンとしていて丁寧な方です」と評する、デキル方のようです。ワタシたちにも丁寧に説明してくれます。挨拶してくれる声がすごく大きくてそれだけでも十分ヤルキを感じるのですよね。

出来上がる住宅はモノでしかないですが、多くの人が関わって、
ヒトの手が作っているので、スケジュールが遅れていても、ちょっと不具合があったとしても、人の顔、頑張っている人の顔が見えるといいですね。
せっかくならば気持ちよく作っていきたいですから。SE時代も少なからずそうだったな、と思います。

さて、ユーザー(施主)はどうすればよいのか。
現場に行った時には「よろしくお願いします」と挨拶や礼を言うことはできるのですが、
どうしても、ミスがないかとチェックしてしまうので、
出来が良いのをすぐに褒めるのが難しい。
この間も、すごくキレイにコンクリートが打たれていたのに、
隅の汚いところを指摘してしまった。反省。

できることがほかにないか。。。考えた結果、
上棟時に払う中間金の一部を少し早めに振込しました。ワタシの手持ち資金です。
現金で解決すればいいというわけではないですが、もともとの予定よりは1か月以上遅れているし、昨今の経済状況、住宅系企業の倒産のニュースを聞くたびにドキっとするので。

普段の仕事でもそうですが、厳しいばかりでなくて飴とムチをうまく使い分けられれば、
モチベーションをキープできるのではないか、と考えています。
施工会社にもうまく伝わるとよいなぁ。

彼からは「男前だねぇ」と。う、オンナですけれど(笑)

住まいブログのランキングに参加しています。クリックどうぞよろしくお願いします。

|

« お茶の水散策 | トップページ | papabubble 10月のディスプレイ »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-お金カンケイ」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-施工会社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/42791314

この記事へのトラックバック一覧です: 施主ができること:

« お茶の水散策 | トップページ | papabubble 10月のディスプレイ »