« 使いやすさとデザイン その2 | トップページ | 【着工100日目】まだまだ上棟しません・・・ »

2008年10月23日 (木)

使いやすさとデザイン その3

どんどん、書こうと思うことが増えてしまって3回も続けてしまいました。
仕事柄(講師です)、考えたことや学んだことを
伝えたいという意識が強いのかもしれません。

これでシリーズは終わらせますので、もう少しお付き合いください。

で、デザインの要素として、色の話を多くしましたが
揃えるものがもうひとつあります。それは文字のフォントです。

Webサイトでいえば、セリフかサンセリフ(一般的には明朝かゴシック)、
日本語の筆っぽいものか、英語向きな丸い感じか、で揃えます。

家づくりでいえば、「ロゴ」です。
モノが集中するところ、ワタシは圧倒的にキッチンだと思うのですが
洗面や浴室なんかもロゴが付いているものが多くなっていきます。

各社のロゴはフォントもまちまち、大きさもまちまち。
好きなブランド1社で統一できればよいでしょうが、
取り扱っていないものもあるから、どうしても混じってしまう。

家づくり、頑張ってたくさん調べていくと、それぞれ欲しいものが細かくなってしまい
ガスレンジは・・・がいい、食洗機は・・・、レンジフードは・・・、水栓は・・・と、
どんどん個々へ気持ちがシフトしてしまって、
トータルでの意識が薄れてしまうような気がします。(今まさに、その状態です(笑))
お気に入りのものを見つけていった嬉しさが勝ってしまう。

で、好きなブランドというのがまた曲者で、そこの会社の社員であれば
そのブランドのロゴを見ることに抵抗もないでしょうが、
そこの社員でもなければ宣伝費をもらっているわけでもないのに、
なぜロゴを表に見せ、また日々見なくてはいけないのか。。。少し疑問に思うのです。
(これは、紙袋を日々使うときにも思っています。かといって自社の紙袋もちょっと恥ずかしいわけで 笑)

そんなことからか、大きくロゴや商品名が出ている製品はどうしても敬遠してしまうのですが、
そこで登場するのが無印良品
ただ、印(ロゴ)はないが、そのモノ自体が無印良品だと語っているので
ロゴやフォント以上に社名をアピールしています。

そもそも、モノは形だけで、それが何かを伝えているのだ、という理論があります。
椅子は椅子の形をしており、テーブルはテーブルの形をしている。
どう使うかは、モノ自体が持っていて、無条件に認知可能(認知させられている)というもの。

機能的なものは美しい、と言ったのはコルビジェ。
美しいものは機能的だ、と言ったのは丹下健三。

適切な形や色をしているモノが、適切な大きさで適切な場所にあって、
誰もが自然に認知できるものであれば、
それが、良い、使いやすいデザインということになるのでしょうか。

住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックよろしくお願いします。

|

« 使いやすさとデザイン その2 | トップページ | 【着工100日目】まだまだ上棟しません・・・ »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-デザイン」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

家づくり-設備」カテゴリの記事

コメント

Helveticaが好きです。機能美を体現した書体だと思います。…と俺が言うまでもないけど。。。
俺、このブログ、好きですよ! おもしろい♪(個人的に)

家作りって面白いですね。誤解を恐れずに書きますよ、ごまさんのように。笑
もちろん、そこには予算という大きな制約があるわけですが、同じ材料(果ては同じ品番)を使っても、これだけ違うものができる。俺にとって、「なんだかなー」と思うような家でも、その人はその家のご自慢を延々と語る。その逆もあり、俺の家をクソみたいに思う方もいたり。まあ、趣味の問題? 機能美って言葉が好きでして、自分なりに突き詰めていくとミニマム、シンプルに行き着く。生活の場である家は、ただでさえ雑多な要素にまみれるわけですから。かといって、生活観のない空間は嫌いです。どこかのCFか何か語っていましたが、「シンプルとは、ときに退屈」だそうで。。。

なんか、長くなりそうなので、この辺でやめときます。うっとおしいコメントでしたら、削除してくださいね♪

投稿: youchang | 2008年10月24日 (金) 00時52分

youchangさん
コメントありがとうございます。
うっとおしいなんて、そんなことありません。
反応があることだけでも、とてもうれしいです!

フォント一覧の本、よく立ち読みします。
(だって専門ではないので自腹で買うには高いんですもの(笑))
あ、講師の方が
フォントも、変わったのを選びたいところだけれどぐっと抑えてポピュラーなのがよい。
なぜポピュラーかというと、その文字は読みやすいから人気があるのだから」と言ってました。Helvetica、ワタシも好きです。

趣味の違いって家と車あたりは顕著ですよね。
ワタシも、youchangさんと同じようなことをいろいろなブログで感じます。

家を建てるのは時間もお金もかかるので
せっかくならば仕事にも活かしたいし、逆もしかりです。
住むためだけに建てるのではなくて、建てることも楽しみたいなぁと。

偉そうに書いてきてしまったので、出来上がってきてからどこまでWEBにアップするか悩みます。
自慢になっても、本末転倒ですし^^;

あ、ワタシ、うっとおしくなってますね(笑)

投稿: ごま | 2008年10月24日 (金) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/42876495

この記事へのトラックバック一覧です: 使いやすさとデザイン その3:

« 使いやすさとデザイン その2 | トップページ | 【着工100日目】まだまだ上棟しません・・・ »