« papabubbleのクリスマスMIX | トップページ | 新居への不安 »

2008年12月10日 (水)

決めないといけないこと (3) 登記関係

久しぶりに決めないといけないこと の続き。

引き渡し日が提示されたので銀行に確認をしました。

銀行にはずっと前に、建物分の融資の申し込みをしてあったのですが
それから何の音沙汰もなく、ブログ記事もかけずにいました。
その時に「登記は自分たちでやります」と伝えたところ
だめです」との厳しい返事。
かなり気まずい状態のまま、放置し、数カ月が過ぎていたところでした。

前回連絡した時は、登記にもいくつか種類があって
どこまでが自分たちで出来るか、分かっていなかったのです。
住まいブログの中では、自分で登記をする人も多く、
どうやら抵当権設定登記は難しそうだと判明したので
今回は、まずは、「抵当権設定登記は、司法書士さんにお願いします」と伝えました。
すると、銀行担当者も、急に声色が変わりそれならばよかったです。」と。
そのかわり、表示登記保存登記はやっても良いですか?」と恐る恐る聞いたら
それは問題ありませんよ」と。

良かったです。クリアーです。

ワタシの不勉強とともに、銀行の方も、頭ごなしに否定をしたことによる誤解もありました。

あとは、なるべく和やかな雰囲気を保ちつつ
私「保険も長期でなくて1年ずつでもよいですか?
銀「こちらは長期のほうが安心ですが、銀行には保険を強制する義務も権利もありませんから良いですよ。

火災保険もクリアーです。

最後のほうには
「保険や、司法書士さんは、こちらでも手配することができるので言ってください」
とまで言われました。もちろん、営業トークもあるのでしょうが。

お互いが感じる不満感、閉そく感はどちらか一方だけが悪いのでもなくて、
説明を正しくすることで解決できたのだと。
クレームをつける、文句をブログに書く、さらに悪化する、
という悪循環に陥らなくて良かったです。
(本当は、前回銀行への不満を書こうと思ってたのです…)

家づくりは、折衝能力問題解決能力もつけてくれました。
ワタシはネゴシエーション(交渉)やアサーション(主張)が非常に苦手で
実は、土地購入の際に不動産屋さんと揉めたときに"泣きべそweep"をかいたので、
今回のやり取りを彼に報告したら「成長したね。」と。

気分すっきり、納得して登記を自分たちでやるか選択できそうです。
お金節約よりも登記をやってみたい、という興味のほうが優っているのですが、
だんだん時間との戦いになってきました。

住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。

|

« papabubbleのクリスマスMIX | トップページ | 新居への不安 »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-お金カンケイ」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-登記」カテゴリの記事

コメント

ご存知かもしれませんが。蛇足。老婆心。
抵当権設定登記は抵当権者が銀行の信用保証会社などになり(共同申請?)、本人登記しようとすると信用保証会社(銀行側)の委任状が必要となります。なので、銀行側は(私のようなw)素人に委任状を託すのがイヤらしいです。うちも拒否られました♪

投稿: youchang | 2008年12月10日 (水) 22時22分

youchangさん
コメントありがとうございます。

抵当権設定登記がダメそうだと感じたのもyouchangさんのブログなどを読んだからなのです。
まだまだ情報収集できてませんが、保証会社も絡みそうなので、ここはあっさり。
後の登記も事前準備が間に合えば、です。やってみたいですけれどね~。

投稿: ごま | 2008年12月11日 (木) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/43369874

この記事へのトラックバック一覧です: 決めないといけないこと (3) 登記関係:

« papabubbleのクリスマスMIX | トップページ | 新居への不安 »