« 年賀状の作成と秘密主義 | トップページ | 登記にチャレンジ ~必要な書類その1~ »

2009年1月 6日 (火)

登記にチャレンジ~建物表題登記 各階平面図と建物図面~

以前より、やってみたいと思っていた登記カンケイ。
まずは建物表題登記の準備からはじまります。
どこまで頑張れるかなcoldsweats01

住民票をとるため、12月初めに住居表示の届けを設計士さんにお願いしました。
もともとあった古家の住所だと思ったら、角地のため別の番号も使えるということ。
別の番号はワタシたちの家1軒だけということなので、こちらにしました。
同じ住所の家が1軒もない、というのは今までの経験ではないので、
ちょっとウレシイ。

12月中に住民票を移しても、ローン控除を
21年度で適用させてもらうことはできたようなのですが、
すっかり住民票も1月以降だと思い込んでいたワタシ。
年末は手続きは何もせず、のんびり過ごしてしまいました。
(失敗しました・・・)

年末休み、各階平面図と建物図面作成は彼に頼みました。
彼は数年前に二級建築士の資格を取っています。
その時も今も建築関係の仕事ではないので、ペーパーですが、
イラストレータも彼の方が使い慣れているので、
これぐらいはやってもらわねばsign01、と。

ですが、エラく時間がかかりました。2人で喧々諤々しながら2日間みっちり。
機会費用(youchangさんに教えてもらった言葉)で言えば、頼んだ方が安いぐらい。
やりたい、という気持ち以外のメリットは少なかったかもしれません。

時間がかかったポイントは大きく3つ。

  • 敷地の形が直線でない。
    ワタシたちの敷地は横が水路で、その部分はまっすぐではありません。
    北斗七星みたい、といったらよいでしょうか。
    で、縮小して点を結ぶのが大変でした。
  • 外階段(縁)の扱い
    建築基準法では外階段や通路も床面積に入りますが、登記は「不動産登記法」に基づくそうで、基準を読み漁っても、ワタシたちの家の縁に当てはまるような場合の例がなく、いくつかのパターンを用意することにしました。
    (これは早めに法務局に確認すれば回避できたことでした。失敗しました。)
  • 狭い
    標準の各階平面図250分の1、建物図面500分の1は、建坪12坪の我が家には
    本当に小さく、目が疲れました・・・

用紙は、日本法令98が推奨ですが、普通紙のB4でも大丈夫です。
心配症なワタシは、一応買っておこうと思い立ったものの、
年末に、この用紙を取り扱っている規模の"ちゃんとした"文房具屋が少なくて、
ご近所を駆け回り、やっと発見。

世界堂本店(新宿)にありました。357円が定価で、世界堂は10%引きです。
その他、ワタシが行ったときは売り切れでしたがオフィスデポにもあります。
新宿まで行くのであれば、日本法令新宿センターなら必ず在庫があるそうです。

続く
住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。 

|

« 年賀状の作成と秘密主義 | トップページ | 登記にチャレンジ ~必要な書類その1~ »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-お金カンケイ」カテゴリの記事

家づくり-登記」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
登記、自分たちでされるのですね。
図面もつくるなんてすごいですね。
工事もだいぶ進んできて
決めなくてはならないことも少なく
なんだかのんびりしてしまっている私たちです^^;

投稿: ちろりんの嫁 | 2009年1月 6日 (火) 15時54分

リンク、ありがとうございます。恐縮です。
さて、終わったあとから何ですがw、これ読んだ本人登記の後輩たち(上からスミマセンー!)に参考になるように。
表題登記用の図面を作るとき、建築士の方から建築申請時に使った図面データ(CAD)をPDF変換してもらい、それをイラレで読み取ると楽ッスよね。ポイントをドンドン消していき、縮小するだけで、あら完成。

しかし、1/250&1/500。。。
我が家の場合もあまりにも小さく、用紙に余白がありまくり、
ホントに縮尺あってるのかいな?、と心配になりました。w
と同時に、それくらい狭小なのね…、と悲しくも。

投稿: youchang | 2009年1月 6日 (火) 22時26分

ちろりんの嫁さん

コメントありがとうございます。
そして、あけましておめでとうございます!

登記は、土地の時にバタバタと結構な値段を払って、どうにも腑に落ちなかったので、
建物登記はやろうとその時から心に決めていたのですよ。
まだ、登記完了していないので不安が続いてますが。

ワタシたちは工事が進んでからも確認事項が減ることがないです(笑)
ちょっと前の記事のシンクのトラップの蓋とか、Pコン穴の埋める場所と埋めない場所を決めたりとか・・・。
優柔不断だったので、最後にもう一度念押し確認、というパターンも多いですcoldsweats01
ちろりんさんご夫婦は設計段階でしっかり決めていたからでしょうね。
出来上がってきて、「こっちの方がいいかも?」みたいなことはないのですか?
ワタシたちはそれも多いですねぇ…。

youchangさん
コメントありがとうございます。
リンク、勝手にしちゃいました。

うちにはスキャナーがあるので、いただいた図面をスキャンして、あとは同じくイラストレータで、縮小&トレースしていきました。
三角スケールがあるので、縮小はわかるのですけれどね。
ネットを見ていると、そもそも、建築士は平面図を書いてはいけないそうで、変な規則ですねぇ。

日本法令98の説明には「原則」1/250&1/500
と書いてあり、小さすぎるから、500じゃまずいかも、なんて考えたりもしましたよ(笑)

投稿: ごま | 2009年1月 6日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/43559059

この記事へのトラックバック一覧です: 登記にチャレンジ~建物表題登記 各階平面図と建物図面~:

« 年賀状の作成と秘密主義 | トップページ | 登記にチャレンジ ~必要な書類その1~ »