« WEB内覧会 ~屋根~ | トップページ | マーナのキッチンブラシ »

2009年3月21日 (土)

家を建ててみて

ずうっと前に「なぜ家を建てるのか」という記事を書きました。
そう、ワタシたちの動機は不純といえば不純です。
建てる過程を経験し、家は無事に建ちました。
もう一度、なぜ建てたのか、そして、どんな家を建てて
どんなふうに住みたいと思ったのか振り返ってみました。

ワタシたちが(少なくてもワタシが)、家に求めたものはそれほど多くありません。
一般的に家に求めるもので言うならば「お風呂に洗い場が欲しい」というぐらい。
(前の家はユニットバスだったので)
なので、設計士さん探しのときに「何部屋欲しいですか?」と聞かれると正直困りました。
そういったことはあまり意識していなかったのです。
食べるところと寝るところとテレビを見るところ(笑)があればよいぐらい。
同じ部屋だって違っていたってかまいません。

心地よさとか、くつろぎとか、ぬくもりとか、機能的で使いやすいとか、
そういったものは求めていなかったような気がします。
かといって、奇抜なもの、特異なものを求めていたわけでもありません。
インパクトも求めていませんでした。

出来上がった家は、見た目のインパクトはありますが、中は結構シンプルです。
真四角で、上下階同じ大きさ。同じだけの出入り口のガラス窓。
素材の数も少ないので、床材もフロアで1つずつ、壁も打ちっ放しがほとんどです。
これはローコストにもつながっています。

外側の縁はまっすぐではありませんが、それも、土地の形に合わせたのであって
無理に作り出した形でもない。

ワタシは、この土地を選んだ時に、この土地を楽しみたい、と思ったんだと思います。
楽しめると思うプランを作ってくれた設計士さんに巡り合えたことも縁で、
プランを見たときのワクワク感は今でも覚えています。

オープンハウスで、多くの方に「楽しそうな家ですね」と言われて、嬉しかったです。
そう、楽しみたい。楽しもう。なのでしょう。
enjoyというよりはfunという感じ。(よくわかりませんが何となく)

なので、しょっちゅう外を通る作りは、自然で、きっと周りが思うよりも辛くありません。
RC打ちっ放しは夏は暑いですし、冬は寒さも結露も気にかけないといけないのですが
家に求めているものが快適さや便利さではないので、外気を感じる家で、
そのことに不満はありません。

大きく影響を与えたのはやはり、ひとつ前の賃貸マンションです。
普通のアパートやマンションから、この家を作ろうとは考えないでしょう。
家にとって必須なものはそれほどない、
という基本的な考え方も、ここがあってこそだったと思います。

毎日、隣の家の樹木が日々、芽吹いていくのが見えます。
鳥が来て、虫が来て、そして太陽が動いていきます。
トイレに行こうと外に出ると夕焼けが目に入ってきます。
夜は月明かりも家の中に差し込みます。

日本の四季を楽しみつつ、寒さ暑さを体感しつつ
そして、縁という空間も含めた家で過ごす時間を楽しんでいきたいと思っています。

Dsc03273

Dsc03272

Dsc03284
住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。

|

« WEB内覧会 ~屋根~ | トップページ | マーナのキッチンブラシ »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-デザイン」カテゴリの記事

家づくり-土地」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

家づくり-RC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/44404289

この記事へのトラックバック一覧です: 家を建ててみて:

« WEB内覧会 ~屋根~ | トップページ | マーナのキッチンブラシ »