« WEB内覧会 ~キッチンその1~ | トップページ | ヒントはたくさん転がっている »

2009年3月 2日 (月)

WEB内覧会 ~キッチンその2~

キッチンの続きです。天板下を中心に。
Dsc01895_2

天板下の特徴は丸穴です。大きめに開けて、印象を強くするようにしてあります。
イメージ通りで大満足ですが、やはり手拭きタオルをかけるバーも欲しかったりしますcoldsweats01
KEYUCAにはあとからつけるバーも売っているので、そのうち考えます。

シンクはCOMOです。
Dsc01760_2

木を天板に選んだことで、熱に強いところが欲しかったので
人工大理石のシンクからグレードアップしました。
(人工大理石でも大丈夫と言われていましたが、ネットで情報を見ると
値段に比例して、安いものだと熱や色移りがある、と書かれていたので)
ロジェールのコンロと質感があっていたので、良かったです。

水切りカゴと棚を一緒に購入し、今は棚だけ使っています。

シンク下は丸穴付きのキャビネットになっています。
1つはゴミ箱いれ、1つは炊飯器入れです。
Dsc01900
ワタシはご飯は数日分まとめて炊くので、都度、よそうことはありません。
炊飯器のデザインも、目立つものの一つだと思うのですが、
彼が思いつきで買ったためあまり気に入ってません。
あくまでも、デザインですよ。味はおいしく炊けます!
で、隠したかったので、ここに。
キャビネットに入れたまま電源が繋がるようにしていただいたので、
夜中タイマーで炊くときだけキャビネットを引き出しておいて
蒸気がこもらないようにすれば朝、無事に炊けています。

彼がこだわったところは
(あんまりコダワリって言葉好きではないのですが多分これが適当な言葉なので)

幅や高さをきっちり揃える

ということでした。
上の棚と下の棚の縦線が合うように、また、間隔もそろえるように指定しました。
(写真はひとつ前の日記で)
奥の洗濯機は合わせようがないのですが、それ以外は数ミリ単位の差で合っています。
それと、天板下の扉と床との隙間。
キャビネットも含めてすべて同じだけ開けていて
(開けないと足が入らないので不便なんだそうで)
ここは、彼しか気づいておらず、言われてはっとしたのを覚えています。
普段はかなりずぼらな性格なのに、こういったところには異常に細かい人でした。
設計士さんもアシスタントさんも大変だったと思います。
(はい、ワタシも大変でした(笑))

ゴミ箱キャビネット案は、ワタシが考えました。
といっても、仕事柄、色々な会社に行くことがあるので、
ある外資系企業の休憩室で見かけたのをマネさせてもらったのですが。
さすがに炊飯器は入ってませんでしたけれどね(笑)

ということで、次は、いろいろなところに隠されている家づくりのヒントの話。

住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。

|

« WEB内覧会 ~キッチンその1~ | トップページ | ヒントはたくさん転がっている »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-お金カンケイ」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-デザイン」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

家づくり-設備」カテゴリの記事

家づくり‐WEB内覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/44218402

この記事へのトラックバック一覧です: WEB内覧会 ~キッチンその2~:

« WEB内覧会 ~キッチンその1~ | トップページ | ヒントはたくさん転がっている »