« しだれ桜 | トップページ | staub鍋 »

2009年4月 3日 (金)

色とデザイン

以前、ユニバーサルデザインのことを書きました。
「使いやすさとデザイン その1 その2 その3

で、続きです。
我が家は給湯、ガス床暖房、換気が同じシリーズです。
給湯(お風呂側)
Dsc03345

換気
Dsc03342

給湯(台所側)とガス床暖房
Dsc03340

Dsc03341

形の統一感は非常に満足していますが、ランプの色がバラバラです。
お風呂側の給湯は、お湯張り中や追い炊き中に青色
お湯張りが終わると保温中の、追い炊きは終わると保温はしないので電気が消えます。

どれがどの色で、お湯張りが終わったのか終わってないのか、
色では判別し切れません
終わると音が流れるので、それで判断は可能ですが
追い炊きの場合は追い炊き終了の音楽はならないので、青色が消えたら終わりです。
その終わりの状態はお風呂まで行かないと確認できません。

床暖房は、加温中は赤、設定温度に達すると黄緑色です。
このボタンに何らかの色がついていれば電源が入っている状態と判別します。
(ちなみに下はタイマー予約中のオレンジ色なのですが、
写真だと赤と非常に似てしまいました。肉眼ならばもっと差が出ています)

信号は、赤が注意を引く色の"止まれ"なので、お湯張りについては
保温中を青お湯張り中が赤のほうがよいような気がします。

そして、話は変わって今度はエアコン。
我が家のエアコンはシステムマルチを採用しました。(詳細はダイキンのサイトで)
自室のエアコンが稼動中のときは一番左黄緑色ランプ、
他の部屋のエアコンが稼動中の時は一番右の黄緑色ランプがつきます。
真ん中はタイマーをつけるとつくオレンジ色です。
Dsc03337

これは、設計士さんが言っていたのですが
夜中、黄緑色のランプが1つだけついていると、
自室なのか他室なのか区別がつかないんだそうです。
私は、消し忘れ防止で、スイッチONとともに1時間のタイマーもつけてしまうので
オレンジの左右かで判別しています。

こちらの場合は、他室の稼動中のランプの色を分ければよかったのではないかと思います。
(まぁ、セロハンでも被せれば区別できそうですが、カッコ悪いかな。)

どうやら、電源ONは黄緑色なんだな、ということを改めて気づいたのと同時に
どちらの会社の方も一生懸命考えてくれているんでしょうが、
一見で識別可能な配色というのも難しいのだな、と感じたのでした。

住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。

|

« しだれ桜 | トップページ | staub鍋 »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-デザイン」カテゴリの記事

家づくり-設備」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
以前、白い扉の収納の件に関して質問した者です。
先日はご親切にご回答下さって本当にどうも有難うございました。
エアコンはダイキンのシステムマルチを採用されているとのことですが、私もダイキンのシステムマルチ(4室を1台の室外機)にしたいなと思っているのですが、
ダイキンのフリーダイヤルの方や、ビックカメラの店員さんはリビングに2台に室外機1台と、寝室と子供部屋に室外機1台という形で分けたほうが良いのではと、仰っておりました。
それは故障した場合、全室のエアコンが作動しなくなってしまうからといった理由からでした。
私としては室外機が増えるのが嫌な気がして、迷っているのですが、
ごまさん宅は、システムマルチはいくつのエアコンに1台といった形で分けておられますか?
それとも、全室のエアコンを1台の室外機にまとめていらっしゃるのでしょうか?
あと、壁埋め込み型式のエアコンの写真を拝見しましたが、機能やメンテナンス(掃除しづらい)などといったことはないですか?
寝室に壁埋め込み式で収納家具と一体化させるか、ルームエアコンタイプで造作家具で、エアコンを隠す様に家具でルーバーを作って貰うか迷っています。
色々と聞いてしまってすみません><
参考にさせて頂きたいので、回答して下さると嬉しく思います。宜しくお願いします♪

投稿: kk | 2012年7月23日 (月) 15時16分

kk さん
その後、家づくり、進んでいらっしゃるようで良かったです。
我が家は、3台で室外機が1つです。(壁埋め込み式が2台と通常タイプのエアコンが1台)それでエアコンは全てです。
システムマルチは建築家さんの案で、ワタシたちはほとんどノータッチですが、狭い敷地なので室外機を減らす事も目的の一つで、3台なのでさらに分けるという考えはありませんでした。ちなみに、室外機も1階は目立つので屋上にあげています。これはこちらからの提案でした。室外機の音や熱風は思いのほか気になるんですよね。室外機は外側に向くので、近隣の方とのトラブルになりやすいようですし、我が家も混み合った敷地で周りの数軒から熱風が届きます…。
壁埋め込み式は、エアコンの“効き”としては弱いと思います。吹き出しが下にあって、エアコン自体が飛び出ている方が、風が部屋にまわりやすいだろうなと思います。以前の賃貸マンションも壁埋め込みだったので、そこはある程度しょうがないと割り切っています。ただ、ルーバーで隠す場合もそれほど変わらないような気もしますが。
通常のタイプのエアコンは納戸にあってほとんど使っていないので、10年位壁埋め込み式のみの経験値なのですが(笑)、メンテナンスも特に大変という意識はないです。が、先日、カビ臭さがあって業者さんに清掃を頼みました。壁埋め込み式だと清掃の値段が上がりますのでその点はマイナスですね。ちなみに、賃貸マンションは8年住みましたが業者を呼ぶほどに臭くなった事はありませんでした。
システムマルチの良さは、他の部屋の操作ができる所だと思います。リビングにいても、もうすぐ寝ようかなという所で早めに部屋を暖められたり、が便利なので、2台にするのであれば生活動線に合わせておくと良いと思います。

長々失礼しました。エアコン清掃の話も、記事にしようかなと思っています。また遊びにきてくださいね。

投稿: ごま | 2012年7月25日 (水) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/44548249

この記事へのトラックバック一覧です: 色とデザイン:

« しだれ桜 | トップページ | staub鍋 »