« ハラーシステムがやってきた | トップページ | 宇都宮出張 »

2009年8月15日 (土)

北欧=チークではない、と思う

ハラーシステムの日記に無理やりつなげてみるため、またまたちょっぴり生意気コメントをば。

北欧家具、北欧デザイン、北欧アイテムとひとくくりにされることが多く、
そういった時にはチークやウォールナットを使った木材の家具が紹介されます。

北欧というくくりは、ウィキペディアによると

だそうです。(あ、ハラーシステムのスイスはちがうかcoldsweats01。。。)
デンマークやスウェーデンの家具は確かにチークが多いですが、
ワタシが好きなフィンランドの代表的な木材は
なんといってもバーチではないかと思うのです。
アアルトの家具に代表される、薄い色合いの木材です。
あとはフィンランドパインなんてのも、色は薄め。
アアルトテーブル

そう、フィンランドの木材、フィンランドのデザインはどちらかというとかなり淡い色合いが多いのです。
マリメッコのテキスタイルはビビッドですが、淡い中にあるからこそ映えるわけで。

チークもウォールナットもそもそも北欧の木材ではないようです。
系統としてはミッドセンチュリーなので、アメリカ中心じゃないかな、というのが私の印象です。

それと、北欧=木材家具でもない、とも思っています。
現在のデザイナー、エーロ・アアルニオはFRPが中心。

我が家のソファはアルネヤコブセンですが、スチール脚です。
ヤコブセン3300

ワタシ自身もよく使ってしまう「北欧」ですが、ひとくくりにできるほどに単純でもなくて
さらに言うと、木材というだけで“北欧(風)家具“と銘打って売っているお店なんかにも
ちょっと違和感を感じるワタシなのでした。

|

« ハラーシステムがやってきた | トップページ | 宇都宮出張 »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-デザイン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/45931977

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧=チークではない、と思う:

« ハラーシステムがやってきた | トップページ | 宇都宮出張 »