« 子ども手当の再申請とフェミニズム | トップページ | 唯一行くファミリーセール »

2010年6月 7日 (月)

狭小住宅とフェミニズム

一つ前の記事の続きです。

狭い我が家は、モノを増やしたくないので、できる限り家族が同じものを使います。

で、無理矢理?フェミニズムと結びつけてみる訳なのですが
祖父母世代の家ではかならずあった、夫婦(めおと)茶碗や夫婦湯のみ。
一家の長は、お茶の湯のみがちょっと大きくて、フタが付いていたりしたのです。

我が家は今はこういったものはすべて同じものを使います。(湯のみはあまり使いませんが)
ご飯茶碗も、マグカップも、箸も同じ種類を使い、「誰のもの」を決めないで
洗い終わっているものを使えば良いようにしておいています。
夫がご飯を沢山食べたい時は、”オカワリ”してもらえば良いので。

誰用と固定してしまうと、都度洗わないといけないし
洗ってない場合を考慮してスペアが必要になってきたりと、
よけいな場所をとるので、少しでもスペースの節約です。
蓋付き湯のみは、若い世代の人にはピンとこないかもしれませんねjapanesetea

食器はコレクション心がどんどん増やしてしまうので
ぐっとこらえて、なるべく買わないようにしています。
究極は、無印などにある、プレートみたいなお皿にすると、
料理をそれぞれお皿に移さなくても良いので
洗うのは家族の人数分で良くなることに。

毎日プレートだと寂しい気もするので、今の所これは買ってませんが
おもてなしでは結構便利なんですよね。
お呼ばれで2回連続このタイプだったので、予備で買っておきたいかも。
(あ、これじゃモノが増えちゃうか。。。)

微妙なフェミニズム、というよりは共用のルールや習慣のつぶやきをもう少し続けます。

|

« 子ども手当の再申請とフェミニズム | トップページ | 唯一行くファミリーセール »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も道具は家族で共有派です。

夫の実家が箸と茶碗は固定の家でして、
物覚えの悪い私は、
帰省する度にどれが誰のだかわからず、
いつもばつの悪い思いをしています(笑)

箸においては組み合わせを揃えるのも面倒になって
無印の竹の箸(10膳336円)だけでいいやとなりました。食洗機いけます。

食器はわけあってたくさん所有しているのですが
リストラしたい気分です。
モノは少ない方が管理が楽ですものね。


投稿: うたきり | 2010年6月 9日 (水) 22時36分

うたきりさん
コメントありがとうございます。

私の実家も夫の実家も箸・茶碗固定です。
夫の実家は湯飲みも固定で、
覚える気のないワタシはすべて聞きながら並べますcoldsweats01。。

箸、我が家も無印です。
食洗機で洗える…っていう木の箸ですが、
竹箸でもいけるのですね~。次の候補に。


投稿: ごま | 2010年6月10日 (木) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/48556313

この記事へのトラックバック一覧です: 狭小住宅とフェミニズム:

» 春キャベツたっぷりメンチカツ [理音&むっつり猫の赤裸々ゴチソウ生活]
春キャベツが美味しい季節ですね キャベツの中心部が、硬くて... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 20時09分

« 子ども手当の再申請とフェミニズム | トップページ | 唯一行くファミリーセール »