« 子ども手当の申請 | トップページ | 狭小住宅とフェミニズム »

2010年6月 3日 (木)

子ども手当の再申請とフェミニズム

子ども手当は、再申請でした。ワタシのうっかりミスです。
振り込み口座をワタシのほうにしようと書類はワタシの名前にしたのに
扶養は夫に入っているので保険証のコピーは夫のほうを出してしまい・・・。

保育園事情も聞きたかったので役所に出かけてきました。

結局、振り込み口座は夫にしてほしい、とのこと。
扶養も含め、主に生計を維持している人の口座を使用してほしいということで。。。

ワタシは扶養は夫にしたから、子ども手当はワタシで、ぐらいの気持ちだったのですが、
以前の定額給付金も世帯主に振り込みだったし、
共働きとはいえ妻の口座はイレギュラーということ。がっかり、でも、やっぱり。

ワタシはかなりフェミニストで、できる限り夫婦でも平等の立場をとりたいと思っています。
以前の記事では
年賀状の連名とか、ローン申請や登記、とか。
表札を作ってもらうときも、
”名前を入れると夫が先に来るのでいやなんです”なんて書いてます(笑)。

このブログ、ずっと夫は「彼」と書いていたのですが、娘が増えたこともあり、
これからは「夫」にしようかと思います。
でも、主人とは書きたくないんですよね。
主な人っていうのがどうにもしっくりこなくて。変なオンナです。

で、このフェミニズム、狭小住宅でも大いに役立って(?)います。 次へつづく。

|

« 子ども手当の申請 | トップページ | 狭小住宅とフェミニズム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

お子さんが生まれると手続きなんかも大変なんですね。
頑張ってください(^o^)

女性も同等に働く時代だし、性差での仕事の区別もなくなってきているので、
男性が一家の代表(世帯主)とは限らないですよねっ。
そういうの、個々で選べるようになるといいなって思います。

私も、ブログ内で「夫」って書いてるんですけど、
実は、あまり好きじゃないんです(^_^;)
ただ、ごまさんとは逆で、日常で使っているのは「主人」。
でも、「一家の主な人」ではなくて、
「私の人生の中で最も存在の大きな主な人」って意味で使ってます。
あとは、年配の人に受けがいいからっていうのも(*^_^*)

天井の模様の件、私も同じです!
私の場合は、風邪をひいて寝込むことが多かったのと、
スタンドを付けたまま寝ていたから薄明りがあったからかな。
よく天井の模様を見ていました。あとは、壁のしみとか(^o^)
天井がすごく低く見える日と、すごく高く見える日があったりして。
ごまさん邸の打ちっぱなしの天井は、
想像の膨らみがいがありそうですね!

投稿: estuma | 2010年6月 4日 (金) 17時55分

estumaさん

コメントありがとうございます。
主人は対になるのが家内というのも嫌なんですよねぇ。
家の中にずっといないのに、って。(笑)
夫と妻の組み合わせが一番しっくりきます。
友達に話すときは旦那って言ってしまうのですがこれも、あんまりよい表現ではないとか。
正式な場は夫を使います。

壁のシミもみてました~。
今回実家に戻っていたときに、壁のシミが気になって気になって。。。coldsweats01


投稿: ごま | 2010年6月 5日 (土) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/48533625

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当の再申請とフェミニズム:

« 子ども手当の申請 | トップページ | 狭小住宅とフェミニズム »