« オリジナル傘立て | トップページ | スルーをするコミュニケーション »

2010年7月28日 (水)

日当たりのよい寝室

我が家は、2階がリビング&ベッドルームです。

狭小住宅では1階をベッドルームにする場合が多い中、
キッチンとダイニングを1階に置きたかったため、2階にしました。

1階は日当たりが悪く、ほとんどの季節、時間で照明をつける必要がありますが
2階は逆に、どの季節でも日中は電気をつける必要がなく過ごせます。

もうすぐ生後4カ月になる娘は、だいたい2階で過ごしています。
ベッドも2階にあります。

生後2か月ぐらいから夜はまとまった時間、眠っています。
まさに、日の出とともに起き、日の入とともに寝るという状態。
最初は夜中に無理やり起こしていたのですが、
3カ月を超えたあたりからは、起こすのはやめています。

ブラインドがないことのメリットでもありデメリットにもなっていて、
体内時計はもうすでに自然に刻まれ始めているようです。
夜をちゃんと認識できているのはありがたいです。

日の入は、照明で少しは調節できるから良いのですが、問題は日の出です。
日の出、現在は4時40分ぐらいなのですが、4時過ぎには明るくなり始めるので
そのあたりで、目が覚めてしまうようでして・・・
いや、もちろんそれ以外の要素もあるかもしれませんが。

ワタシ自身も、以前は夜中2時ぐらいに寝ていたので4時に起きることはなかったのですが、
今は娘に合わせて早寝を心がけると朝の日差しが気になります。
一度目が覚めると、そこからもう一度眠りづらくbearing。。。

ブラインドは寒さ対策で冬までに考えればよいかと思っていたのですが
条件に遮光が加わり、優先度も上がりましたup

でも、生活リズムはまだまだ変わりそうで、
あまり早まってもいけないのかも、と、相変わらずののんびりペースです。

|

« オリジナル傘立て | トップページ | スルーをするコミュニケーション »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-つぶやき」カテゴリの記事

家づくり-空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/48991325

この記事へのトラックバック一覧です: 日当たりのよい寝室:

« オリジナル傘立て | トップページ | スルーをするコミュニケーション »