« エコ商戦 | トップページ | ルミネオフとNEW SHOP »

2010年8月31日 (火)

夏の乾燥と冬の湿気

タイトルが逆では?と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、合っています。

1年点検の時、いくつかの不具合を施工会社にお知らせしていたのですが、
その中でも”木材”に関するものが2つほどありました。

ひとつは引き戸。
湿気によりレールの途中で止まって閉まらない時期があり、なおしてもらいました。

もうひとつはフィンランドパインの床。
我が家は床の一部が配線ダクトになっていますが、
これも、湿気により開かなくなる場所が出てきてしまい・・・。
年中開け閉めするわけではないので、緊急度はほとんどなかったのですが、
夏が近づいた7月のある日、やっと、というか突然、開いたので、
大工さんに状況を見てもらうことにしました。
Dsc01083

そこで大工さんから、
「夏はクーラーをかけるので乾燥するんですよね。
冬は加湿器を使っているから乾燥はそうでもなかったりして。」


と言われ、まさにその通りだと目からウロコ

6月ぐらいから、娘のために最初の方はエアコンを強めに設定していたので、
湿度計も40%ぐらいまで下がっていました。
もちろん、8月もクーラーはかけつづけており、
去年よりも稼働時間も増えているし、なにより”猛暑!”で、
しっかりと木が乾燥してきたのでしょう。
一方、昨年冬の湿度は我が家はRC造の水分もあったのか、
ずっと60%ぐらいで推移していたのです。
加湿器を使わないで過ごしても大丈夫なぐらいでした。

木材は住みながら様子を見つつ、
2年ぐらいかけて落ち着くので焦らずに調整するとよいのかな、と思うとともに、
部屋に湿度計を用意する必要性を実感したのでした。Dsc01082
以前の賃貸マンションはガンガンと加湿器をかけて、結露も出しまくっていましたが
本当は必要なかったのかも・・・。オーナーさん、ゴメンナサイ。

|

« エコ商戦 | トップページ | ルミネオフとNEW SHOP »

家づくり」カテゴリの記事

家づくり-設備」カテゴリの記事

家づくり-RC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/49296393

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の乾燥と冬の湿気:

« エコ商戦 | トップページ | ルミネオフとNEW SHOP »