« 育児とIT | トップページ | 見えているものと見えていないもの その3 »

2010年10月25日 (月)

見えているもの見えていないもの その2

見えていなかったものの続きです。

ベビーカー生活も慣れてきて、楽しく散歩や買い物に出かけています。
(まだ、エスカレーターは乗れませんがcoldsweats02)

散歩中に気になっている場所が、ある横断歩道です。
信号のない横断歩道なので、左右をしっかり見ないといけないのですが
ベビーカーを押している状態で道路をみると
電信柱や街灯が邪魔をして見えないのです。

自分自身が脇にズレて前に行くか、ベビーカーごと少しずつ前に進むか。。。
急に車や自転車が来たら後者だと少し危なくて、
なぜ、この位置に横断歩道をつけたのだろう、と思います。
ベビーカーを押すまで気付かなかったのは、
立っている位置が後ろになったわけではなく、
そもそも、知らず知らずにこの横断歩道を避けて横断していたからで
見通しの良い箇所は他にもあるのです。そちらにまわってしまっていたのです。

ワタシは横断歩道をつける基準も、街灯をつける基準も、電信柱をつける基準も知りません。
なので、プロの人からすれば「ここにしか設置できないんだよ」と
言われるのかもしませんが
ここじゃなくても、と思ってしまうのです。

以前、渋滞学という本を読んだことがあるのですが、
等間隔で同じスピードであれば、渋滞が起こらないのに、なぜ渋滞が起こるか。
車に限らず、停滞がもたらすモノ、について興味深く読めました。

スムーズに流れるための、ちょっとした工夫があってもよいのになぁと思います。

|

« 育児とIT | トップページ | 見えているものと見えていないもの その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

確かに、ベビーカーは、お母さんよりも先に危険地帯に出ていくから、危ないですね。
これだけユニバーサルデザインが普及してきていても、
まだまだ死角はあるんですね。
そういうお母さんの声が、デザイン現場に届くといいですね(*^_^*)

ところで、シンクの黄ばみにコメントいただいていたのに
お返事が大変遅くなってしまってすみませんでした。
実は、「黄ばみ」記事を載せた後に、別件で来てくれた
ハウスメーカーさんに相談したら、クリナップさんをよんでくれて
新品時くらいにキレイにしてくれました。
汚れを市販の紙やすりで削り取るだけの対処療法なので、
「汚れ」に対する根本的な解決ではないし、自分で対処できないし、
今回は、保証期間内で無料でしたが、次は有償だと思うので、
微妙な対応なんですが、そのうち記事にするのでよかったら参考にしてください。

投稿: estuma | 2010年10月25日 (月) 20時19分

estumaさん

コメントありがとうございます!
ベビーカーを押していなくても、見えづらい横断歩道ではないかな、と思います。
なぜ、確かめて作らないのでしょうかね。

キッチンのシンクの件、とりあえずは解決?したのですね。
ただ、やすりで削るのはしょっちゅうできませんし、この後、気にせず使えなくなってしまいますね。。。
私も人工大理石のシンクと迷って、違うモノにしたので、なんだかひとごとではないです。

投稿: ごま | 2010年10月27日 (水) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/49829708

この記事へのトラックバック一覧です: 見えているもの見えていないもの その2:

« 育児とIT | トップページ | 見えているものと見えていないもの その3 »