« 追悼 その2 菊竹清訓 | トップページ | 続・アフォーダンス »

2012年1月15日 (日)

展示も新旧おりまぜて

1月は少しずつ活動が始まっています(ただ、休みが多かったから、とも言える)

新旧織り交ぜてということで、まずは旧です。
懐古の続きになってしまいましたが、
1月19日まで行われている「700通のエアメール 瀬底恒が結んだ世界と日本」をみてきました。
場所は東陽町の竹中工務店内ギャラリー A4

柳宗悦さんや、丹下健三さんの話が。そして、私の好きな石元泰博さんの写真もありました。
無料なのは嬉しいです。

新は
東京現代美術館の「建築、アートが作り出す新しい環境ーこれからの”感じ”
へ。
建築展だと、模型と映像が中心なのですが、アートの作品も多かったので
娘も大はしゃぎで「キラキラ」と言いながら見ていました。
(動き回る子どもとの展示会はベビーカーが便利ですね。
私は普段はベビーカーはほとんど使用しないので、
館内の貸し出しを利用しましたが、キレイで、フル装備のベビーカーで
荷物をかごに入れられて助かりました。
あ、でも、飽きてきたようで、なんども「オリルー」と体をよじっているのを制止しながらでしたcoldsweats01

ヴィム・ベンダースの映像も面白かったですし、平田晃久さんや石上純也さんなど、
この後もどんどん活躍されるであろう旬な人々の作品も興味深くて楽しかったです。

あ、また写真がない・・・。
どちらの展示会場も、昔撮った写真がありますので、それで。

竹中工務店ビル 2005年ぐらいに撮影
Dsc00310_2

Mot

東京都現代美術館[森下]    設計:TAK建築 2003年12月撮影 

|

« 追悼 その2 菊竹清訓 | トップページ | 続・アフォーダンス »

建築」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/53707941

この記事へのトラックバック一覧です: 展示も新旧おりまぜて:

« 追悼 その2 菊竹清訓 | トップページ | 続・アフォーダンス »