« オープンハウスに行ってきました その3 | トップページ | 体重計の買い替え »

2013年8月 2日 (金)

玄関ドアの故障

夏のある夜、玄関ドアが故障しました。
クローザーというらしい、ゆっくりしまるために油圧で調整している部分の
油が漏れてしまっており、タタキにポタポタ、ジャーっと。
油圧がないので手で押さえないとバターンと勢いよく閉まっていきます。

設計士さんに久しぶりにお会いしたとたんの相談となりました。
というのも、我が家の施工会社はすでにないので、
誰にどう頼んだらよいのか、、、という状況。

早速連絡をしたところ、以前の施工担当者さんの会社に、ドア修理の手配も頼めるとのこと。

いやぁ、助かりました。型番などもすべてお伝えしてもらえました。

2週間弱で無事に修理もでき、ほっと一安心。

我が家の玄関ドアはクローザーのボックスがないタイプで、
コンシールド ドアクローザーというそうです。

Img_1363

数年前にも一度アームが外れてしまったことがあり、
(枠に見える傷はその時のものです)外玄関だと壊れやすいのかも…と思っていましたが、今回の原因は

「(クローザーに任せず)、自分で無理やりドアを閉めると痛みやすい」

とのことで、はい、私よくやってました。反省。
油圧の調整は個人が適宜やってもよいそうで、
調整はアーム近くの3カ所ある六角ネジを緩めたり締めたり。
(壊れたときに検索したら、素人が油圧調整はやってはいけない、
という書き込みも多く見つけたので不安になり聞いてみました)

しばらく玄関の写真もないので、久しぶりに。アルネ・ヤコブセンのドアノブも4年たっても
錆も出ず保てています。ちょっと色が変わったかな。

Img_0230

|

« オープンハウスに行ってきました その3 | トップページ | 体重計の買い替え »

家づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107061/57900412

この記事へのトラックバック一覧です: 玄関ドアの故障:

« オープンハウスに行ってきました その3 | トップページ | 体重計の買い替え »