家づくり-つぶやき

2012年3月22日 (木)

竣工3年目の雑記 ~浴室~

浴室と言うアバウトなタイトルです。

まずは、キーワード検索でよくみかけるタオルウォーマーについて。(過去記事
リラインスのタオルウォーマーと思っている方もいるようですが、PS社のタオルウォーマが正しいです。リラインスは販売代理店ですね。
夫には、必要なかったもののベスト3に入るとイヤミを言われていますcoldsweats01が、それもそのはず。
夫のタオルは入居後今まで一度も掛けられず、、
以前は私だけ、今は私とムスメのタオルを掛けています。
(夫は浴室乾燥用の物干しに掛けています)

冬の時期は暖めたタオルがホンワカと気持ち良いです。
ただ、室温に影響するほどに暖まるか、というとそれほどの効果はないなぁと思います。
あ、あと、タオルウォーマーは一番上のパイプは電熱がないようです。
我が家は部屋の暖め重視で下の方にあるので、一番上のパイプに掛けやすいのですが、
もう少し上につける(そして、もっと長いものを)のが通常のようです。

で、暖房は浴室の暖房でまかなっています。これは、減額せずに付けて本当に良かったです。
ムスメが産まれて、特にそう思いました。

また、我が家は北向のため、冬は日光が望めないので、
夜洗濯し、浴室の乾燥をかけておいて朝取りこんでいます。このパターンで数カ月。
そろそろ、早起きモードに切り替えても良いのですが、うーむ。

画像がないので、ちょっと前のタオルウォーマーと、浴室関係のリモコンの写真です。使いまわしですみません。
Dsc04067

Dsc03343

DRYが乾燥、HEATが暖房、VENTが換気です。
そういや、FANは一度も使ったことないなぁ・・・。

Dsc03318

こちらはお風呂のスイッチ。
冬は凍結防止の動作中に雪だるまが出て踊るのがかわいいです。

Dsc03334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

竣工後3年の雑記 ~木の天板&ロジェール~

我が家も竣工後3年が経過しました。
以前にも書いた通り、あまり物欲がないので、モノの変化もないのですが、
設備の変化もあまりない事をお伝えしつつ、良かった事困った事などつらつらとつづってみます。

コメントにご質問があったので、まずは、キッチンの木の天板について。
設計時には少し心配のあった木の天板。出来上がりが本当にすばらしかったです。

最後、壁との隙間をシーリングしてもらうかでは、
設計士さんからは「やらなくてもよいのでは?」と言われましたが
施工会社からはシーリングはやった方が良い
(と言うよりも業者さんが来ていて、どこまでやるかの確認だった)
とのことで、作業する方のオススメの範囲を、キッチリ埋めてもらいました。
水も跳ねるし、埃(とくに油っぽいゴミ)などが隙間に入ってしまう事もなく、やって良かったです。

住んで2週間ぐらいで、すぐに2cm位欠けてしまい、どんどん傷ついてしまうかも・・・
と思ったのですが、その後はちょっとぶつけてしまうぐらいで、大きな傷はありません。
ただ、突き板なので、ぶつけると白くなって消せないので、とがったものなどは落とさないようにしています。
↓レ点みたいなところがぶつけた所です。
Dsc04084

夜撮ったので、あまりきれいにもできてなくてちょっと恥ずかしい写真ですが。
そうそう、キッチンは暗いと汚れが目立たなくてよいです(笑)
Dsc04082
左奥はKEYUCAで買ったレードルスタンド、右手前は鍋敷きです。
右奥は鍋の蓋をたてかけるために、まな板たてを使っています。
これらのものも竣工時に買ってずっと使っています。
ヤカンは一度夫に割られてweep、同じものを買いました。野田琺瑯の黒いケトルです。
注ぎ口が細いのでコーヒーを入れやすく、愛用です。

ロジェールのコンロは法規制により販売終了となり今は買えません。
これまた最初にちょっぴり傷つけた以来はうまく使えています。
ホーローなのだと思うのですが、白い部分の汚れは重曹で簡単に落ちます。
上の部分は取り外せるのが便利なのと、隣のコンロへは熱さが伝わらないので
料理を乗せる皿を置けたりするのにもなかなか便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

カタログギフトで

もともと物欲の少ない夫婦なので、モノがあまり増えず、ブログに買物ネタも書けないでいます…。
さらに、仕事復帰後は、日々のアンテナの張り具合も弱く、
先日の谷尻誠さんのソロモン流を見逃してしまいました。。。
どなたか、DVDを見せていただけると嬉しいです。

先日、身内より結婚式の内祝いでカタログギフトが届き、
熟考のうえ(?)、以下の二つにしました。

バーニーズ カタログギフトより タオルセット。
引っ越してからは、白いタオルのみ
(東急ハンズのホテル仕様タオル→無印良品やわらかタオル→UCHINOのタオルと薄めに推移。)
でしたが、久しぶりのベージュです。
2枚組だったので、もう1組は買い足そうかとネットショップをみたのですが在庫なし。
どこかに売っていればよいですが。
Dsc04067

もうひとつはイルムスのカタログギフトより、

イッタラとマリメッコ(iittala×marimekko)のコラボのマリボウル。
ずっと欲しかったので、これは即決でした。色に悩んで、フロストに。
何を入れようかと思案していましたが、一つ思いついたので近いうちに。(引っ張るほどのものではなくて、写真を撮っていないだけです(笑))
Dsc04068

我が家も3年が経過しました。
四季を通じて感じた事や経年変化の様子も含めて、また検索キーワードで多い
「タオルウォーマー」や「ミーレの洗濯機」などの使用感についても現状を書いていきたいなと思っています。
引き続きお付き合いいただければ嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

クリスマスプレゼント

またまた、ブログ更新が滞ってしまいました。
身内に結婚式があったり、お葬式があったりと、師走に輪をかけて忙しく…。

さて、娘へのクリスマスプレゼントは、椅子です。

中村好文さんのウサギ椅子 LAPIN(ラパン)にしました。

クリスマスといいつつ、実はかなり前に買ってしまっていて、ずっとお気に入りで使ってくれています。

Dsc_0048

普通に座るのも、もちろん可愛いのですが、
背もたれを前にして逆向きに座っている姿も好きです。

このぐらいなら顔もよくわからないかな。爆笑中です。
Dsc_0070

家カンケイも全然手つかずなので、来年こそ、
もう少しブログに書けるようなネタを増やしたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

アフォーダンス

久しぶりに育児バナシ。

娘は1歳6カ月を過ぎ、大人と同じことをやろうとします。
今は電気のスイッチをつけたり消したりするのが好きで
寝るタイミングで(寝させたいタイミングでbleah)
「電気消そうか」と促すと、楽しそうにパチンと消してくれます。

テレビのスイッチやリモコンも押しまくり。お風呂の呼び出しボタンも大好きです。
デザインリモコン なので小さいのですが、そこは大丈夫。

Webデザインで勉強したキーワードでアフォーダンスという理論があります。
モノが持っている意味、モノは使い方をモノ自体が発しているというようなことで、
たとえば椅子もテーブルも平らな面があって脚がついているところは同じなのに
大きさや高さで、「これは座れる」「これは物が置ける」という判断を
人は直感として認識できると言うようなことで。

娘は出っ張っているものは押せるのですが、平面のボタンは押せません。
それがボタンだと認識できないようで、いくつかのものは押さないのですが、
そのひとつがテレビの主電源ボタン。
テレビをつけたい時は、わたしに「押せ」と要求します。
(それ以外のボタンは出っ張っているのでちょうどよい場面でビデオに切り替えてしまったりcoldsweats02…)

Webでもボタンには凹凸のあるデザインの方が認識が高くなるハズ。

色々な事に新たな気付きがあり、娘がいる生活はとても楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

すきま時間でギャラリーへ

慣らし保育の時間と、退社時間(こちらも慣らし期間でまだフルタイム勤務ではありません)
のすきま時間で、GA Galleryにて開催中のGA HOUSES PROJECT 2011住宅プロジェクト2011を見てきました。

海外の作品も多く、住宅の規模も大小様々で、とても楽しかったです。
模型とパネルの展示でした。
残念ながら内部の写真は禁止なのでチケットと、
来週以降にトークイベントも続々と行われるようなのでパチリ。
Dsc02831_2
伊東豊雄さん、安藤忠雄さん、隈研吾さん・・・とそうそうたる顔触れです。
ギャラリートークの申し込みの詳細のURL

展示の印象ですが、「埋まる」とか「同化」といったキーワードが浮かびました。
山や丘や街に溶け込んでいく建築が多かったように思います。
あとは「透ける」、も。空間や建物の境界、領域が曖昧になっていっているという印象。

ただ、今回の大震災の後、「おー、かっこいい」という眼だけでなく、
違った見方、考え方の部分が増えているような気がしています。
この後、建築はどうなっていくのでしょう。変わっていくモノと変わらないモノと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

模型が好き

期間ギリギリで、リビングセンターOZONEでやっている 建築家 100の模型展 を見てきました。
写真撮影はNGなのでパンフレット。
Dsc02798
好きなんです。一つ一つは単純で、細かいもので、出来上がりはもちろん作っていく過程が見える作業って。
プログラミングなどのIT系にも似ている所のような気がします。

家づくり中も、模型のパーツとか作ってました。楽しかったなぁ~。

100体模型が並ぶとホント、色々な模型があってなかなかの迫力でした。
素材イロイロ、パーツもいろいろ、
人を作る人もいれば、吹き出しメッセージ付きの人もいて。
ワタシたちは”模型が綺麗だった”というのも建築家を選んだ理由の一つだったので、
模型の相性もあるかな、と思います。
細かいのが好きか、おおわくをとらえるのが好きか、とか。

OZONEでは、子ども部屋の提案イベントもやっていたのでそちらにも行ってみました。
やさしい心が育まれる住まい展 with絵本カーニバル
絵本がたくさんあって、気になっていたおもちゃKAPLAなんかもあって、なにより無料
娘よりもう少し大きい子が楽しそうに過ごしていました。
Dsc02799
こちらは4月26日までやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

ホワイト・バレンタイン

東京は昨日2月14日は雪が降り、今朝は雪景色が楽しめました。

屋根に積もった雪です。
白い屋根、さんざん黒か悩みましたが、明るいので良かったかな。
Dsc02350


雪だけアップ
Dsc02349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

2011年 初建築展

3連休、久しぶりに建築展に行ってきました。
ワタリウムで開催中の

藤本壮介展 「山のような建築 雲のような建築 森のような建築」 

です。今週末までやっています。
大人1000円ですが、ペアだと1600円とちょっぴりお得。
さすがに0歳児は無料でしたwink

ワタリウムの展示会場はあまり広くないのですが、さらに、複雑な展示構成。
だっこ紐での観覧はなかなか大変でしたが、建築というくくりを超えた
自然的な、空気のような、そんな空間をイメージされているのだなと思いました。
建築において内と外とのつながりというタイトルは永遠のテーマであり、
我が家も意識している”外の暮らし”ですが
もっともっと多様化して、不思議な、いや、それが当たり前になる日もくるのかなぁ。

展示を見ながら、もし、藤本さんに設計を頼むのなら、
広い土地を手に入れたいなぁ、どこならば買えるかなぁ
と頭を悩ませていました(笑)
妄想するのは自由ですものね。
Dsc01950
帰りに撮ったので、あたりは真っ暗になっちゃいました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

食洗機の使用感

以前、採用してよかったもので書いた、コンパクトタイプの45cmの食洗機。

よかったという思いは特に変わりがないのですが、
生活が変わって使い方も変わるんだと実感したこともあり、
コメントをいただく方のブログで食洗機の話題が出ていたので追記してみようかと。。

そもそも、私は食器は都度洗うものだと思っていました。
我が家は両親とも働いていたので、
朝出かける前に洗い(これは母が洗ってくれていたかな?)、
夕食後は当番制で家族がかわるがわる洗っていたような気がします。
結婚してからもそれは変わらず、手洗いでも朝できるだけ洗って出勤していました。
食洗機を導入してからも変わらずなので、コンパクトタイプが合っていると思ったわけです。

ミーレなどの海外製の食洗機は大型で、一日一回洗えば良い、と言われています。
ですが、私は「朝使った食器は朝洗う」が染み付いてしまっていて、少し抵抗がありました。

現在は、大体は朝昼晩と家で食べています。
昼は食器をそれほど使うわけでもなく一回食洗機をまわすのはもったいない。
その上に、今は、娘の離乳食が10時と14時にもあり、洗うタイミングがさらに難しい。

1日1回で、の必然性やメリットがわかってきました。

これから娘が成長して、生活が変わってきたときに、
使い方も変わっていくのかもしれませんね。

ただ、3食分フルに食器を洗わずに使っていくほどのストックは
我が家にはありませんし、しないだろうな、とも思います。
狭いですから、貯めていくときりがないので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧