ことば

2012年1月10日 (火)

年賀状の連名 その後

今年は喪中だったために年賀状の作成はなく、師走で押し迫り年内に喪中ハガキも出せなかったので、年明けで寒中見舞いをボチボチと書いています。

毎年、年賀状や連名についてつぶやいていたわけですが、
2011年は差出人には家族全員の名前を載せました。
今年は、寒中見舞いと復職の連絡も兼ねつつということで、個人の名前に戻しました。

子どもができて毎日の日々で感じたこととして、
確かに、仕事の自分は「個」の人だけれど、そうでない関係も増えています。
保育園の登園では、他のお子さんの両親とも挨拶します。
近所なので、休日にお互いが家族どうして会う事もあり、家もわかってしまいます。
誰の知り合いというよりも、これからの関係は家族と家族の関わりあいなのかなぁと。
子どもを通じて知り合う方々にとっては”ワタシ”が始まりなのではないし。

それでも、連名については毎年・毎回悩みの種です(笑)

画像がないので、年始に出かけた、浅草でのスリーショット(?)を。

東京スカイツリー 設計:日建設計
アサヒビールタワー
スーパードライホール 設計:ともにフィリップ・スタルク
Dsc03974

本年もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

五十嵐淳さんの建築展へ

先日、友人とギャラリー間で開催中の「五十嵐淳展 状態の構築」に行ってきました。公式URL

友人と一緒に建築展に行ったのは初めてかも。お付き合いありがとう〜(/ ^^)/
入場料無料の、お財布に優しい展示です。

模型は木のものが多く、すっきりとした中に優しい雰囲気でした。
ワタシたちが家を建てていた時の頃の作品は雑誌もよく眺めていたので印象深いです。

外の大阪現代演劇祭仮設劇場のチューブも面白かったな。

東京ではなかなか作る事のできないスケールが羨ましいと書いてしまいたい所ですが、
北海道の寒さ、雪対策など条件も善し悪し色々あるんだろうな、と思います。
観ながら、この土地、この周りの風景はどんな感じなのかなぁと
思いを巡らせる建築はあまりないような気がします。素敵な建築展でした。

個人利用の写真撮影はOKという注意書きを見逃してしまい、写真を撮らなかったのがちょっと後悔。
公式URLにphoto galleryがあったので、そちらで思い返しています。

パンフレットをパチリ。
Dsc03106

**
話は変わるような変わらないような、なのですが、
「矩形」というキーワードが五十嵐さんの作品では多くあります。
ワタシが矩形という言葉を知ったのは、つい数年前。
Web関係の仕事の時に初めて文献で見つけました。
建築もITも独特のキーワードがあって、
ワタシは仕事上はなるべく一般用語を使うように心がけているのですが
同僚が新入社員研修で「用語がわからない」と言われたそうで。

そうそう、ずっと前に書いていた所属部署
「アーキテクチャグループ」は組織変更もあって、名刺から外れました。
この頃のIT所属部署キーワードは「基盤」かしら。

すみません。脱線しまくりました。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

文章力をつけるために

今日、社内で文章力強化の勉強会がありました。
ワタシの仕事は、話す力も必要なのですが、
テキストやテストを作ることもあるので文章力も必要なのです。

ブログを書いているのも、少しでも文章がうまくなりたいという理由もあります。

今日の勉強で学んだことと、私がブログを書くときに思うこと。

  • 文章は短く。

今日は、体調がいまいちだったのですが、月一回の会議があり、ここで私は1カ月かけて一所懸命準備した機能書の説明するので這ってでも、と会社に出てきたわけで、会議の後はおいしいお酒を飲もうと今から楽しみにしています。

ワザと長めに書きました。
以前の会社でも、社内報の校正をしていた時期もあったのでなんとなく、「長い」とは感じます。

今日は分けるポイントを教えてもらいました。
**********
今日は、体調がいまいちだった。                  ←思ったこと
月一回の会議がある。                          ← これからの予定
ワタシは1カ月かけて一所懸命準備した、機能書の説明をする。 ← これからの予定
這ってでも、と会社に出てきた。                   ←過去の事実
会議の後はおいしいお酒を飲もうと今から楽しみにしている。 ←これからの願望
**********
状況で1文に分けていくことがよいとのこと。
教えてもらった例文と違うので、うまくできていないかもしれませんが。(勉強中ですから~)

これからの予定の2つはつなげてもよさそうですね。
で、なぜ分けたかというと、
”一所懸命準備した機能書の説明”の中に事実と気持ちが混ざっているので
一所懸命準備した、を削っても良いかな、と。這ってでも、もいらないですね。
月一回の会議があり、ワタシは機能書の説明をするので会社に出てきた。 
と1文にしてもよさそう。

文章は事実だけでいいそうです。なるほどね。

ブログは感情がないと
「今日は●●を買った。XXX円だった。」になっちゃう訳で、
侘しいし、つまらなくなってしまいそうなので、自分の気持ちや感情も書きます。

で、気をつけている言葉がいくつかあって、
カッコイイ」とか「オシャレ」とか、主観が入る言葉はなるべく避けることと、
入った時は、~と思うとか感じるとかいった言葉を付けること、です。
ワタシはカッコイイと思ったって、ほかの人は思うかはわからないので。
(カッコイイと書いていることもあるので、そこは大目に見てください…
言い訳がましく言うならば、
カッコイイよね?とかカッコいいでしょ?と書くと
他人に同意を求めてしまうのでそれは書いていない、と思う・・・)

好き、という言葉はケッコウ使います。
自分が好きなだけなので、ほかの人が好きでなくてもよいので。

狭い、という言葉も相対的なので使わない方がよいとは感じています。
住まいブログの中で我が家の倍近い平米数で”狭い”と書いている人もいて、
ワタシからすればどこが狭いんだ?イヤミか?と思うほどです(笑)
(というほど心は狭くはないですがbleah
ただ、狭小住宅ブログなので、狭いことは伝えた方が良いのかな、と書くことも多いです。

また、偉そうな発言になっていたらすみませんsweat01

住まいブログのランキングに参加しています。にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へクリックお願いします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

名前付け その3

SE時代、大きなプロジェクトにはコードネームがつくことがありました。
開発中のプロジェクト名で、マイクロソフトのOSやソフトウェアはよくコードネームが付けられています。
ま、ワタシの前の会社はそんなにはっきりとしたものではなくて、
そのときの上司がそういうことが好きだと、勝手に付けているだけでしたが。

設計士さんを探していた頃。
最初に、設計士さんに今までの建物を紹介・説明してもらうわけですが
家の名前付けって結構面白い。

○○ハウス」とか「○○の家」というのが多かったように記憶していますが、
英単語そのままのシャレた名前を付けている設計士さんも多かったですねぇ。
個人的には○○さん家(○○さんち)はちょっと恥ずかしかったナ。

ワタシが頼んでいる設計士さんは「○○(地名)の家」がほとんど。一部英単語もありますが
いまだ、特に名前のないワタシたちの家にも何か付けてくださいとお願い中。

どんな名前がつくかなぁ。

住まいブログのランキングに参加しています。クリックどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

名前付け その2

このブログのサブタイトルが「建築と気になるモノ・コトバなど・・・」なので久々にコトバについて。

ワタシ、意味もなく略す人が嫌いです。
思えば高校生時代に友人が”クリパ”と言ったことに対しイライラして、ケンカになったこともあります。
クリパがクリスマスパーティ、だったか、クリームパフェ、だったか、今となっては思い出せません。

英語表記の略語も色々な読み方があるので、なるべく使わないようにしています。

住まい関係のHMも最初は謎。ハンドルネーム?(ハンドルネームって今はあんまり言わないなぁ)
と思ったら、ハウスメーカー、でしたか。

この間t-formに行った帰りに、近くにあった設計事務所。
説明しづらいので、実名を出してしまいますが、group-scoop(グループスクープ)という名前でした。
案内のパンフレットが外に出ているので読んでみたところ

「設計事務所のgroup-scoopです。グループ・スクープと読みます。
長いので、grsp(グルスプ)と呼んでください。」

とありました。グループスクープ。ワタシは長いと感じません。
そして、略した名前を広めたいと思うその根拠がわかりません。

じゃあ、最初からグルスプにすればいいんでは?と。
せっかく自分たちで考えた名前なのに、愛着がないんですかね。

名前付けって重要です。
会社でも新しい講義内容には、目を惹くタイトルやキャッチコピーを考えてますが素人では難しいです。

あ、もうひとつ、気になるキャッチコピー。
HITACHI(日立製作所)の薄型テレビ。の「WoooでREC」。いつの間にか「WoooでREC〈録画〉」に変わってました。
RECじゃ通じなかったということでしょうが、キャッチコピーに括弧を付けちゃあだめです。途中で微妙に変更というのもかっこ悪い。

わかりづらいままでも目を惹くキャッチコピーもありますから、そのまま押し通せばよいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 3日 (月)

属性

ワタシはIT関係なのですが、仕事で「属性」の説明をすることがあります。
一般的には
「そのものに備わっている固有の性質・特徴」とWikipediaでも書かれていますが
他にもいくつかあって、Visual Basicのクラスにつける属性では、
「そのクラスが持っている処理の内容(本質)とは関わらない付属の性質」
と説明することもあります。
(これはあくまでワタシが考えていることなので、違うよーと突っ込みたい人もいたらすみません)

銀行で住宅ローンを組む時に、何度も「属性」という言葉を聞きました。
勤務会社の規模とか勤続年数とか年収とか・・・。
その人がローンを組めるかをはかる”ものさし”としての属性なのですが
この属性とは
「その人が持っている性質」なのか
「本質ではない、付属の性質」なのか、いつも頭の中を駆け巡っていました。

ワタシとしては後者であって欲しいのですが、銀行の側からすれば前者なのでしょう。
その人が性格が良いとか、几帳面だとかそういったことは銀行からすれば関係ないですからね。

難しい言葉です。そして身につまされる言葉でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

ジェンダー

先日、会社の資料の訂正通達がありました。
「ビジネスマン」を「ビジネスマン・ビジネスウーマン」にとのことで。
上司(女性)は面倒なので「ビジネスパーソン」で統一してました。オトナの対応。

ワタシは結構、そういった細かな男尊女卑にうるさいのです。
大学が社会学部だったことと、SE職がどうしても男性中心の社会なので
余計に気になって。ちょっとした一言にも噛み付きます(笑)

前の会社でPCのセッティングをしていた時、
床にひざをついて、LANケーブルやら配線をしてたら
50代の男性が
「女の子にこんなことをやらせてごめんね~」
と言ってきました。
本人は悪気はないでしょうが
成人の女性に対して"女の子"もいやだし、
男性だろうが女性だろうが配線ぐらいはできる。(もちろん女性が出来ない力仕事はある)

かなりムッとして「仕事ですから」と答えたのだけれど
多分、なんでムッとしたかわからなかっただろうな。

年賀状を作る時期になるといつも思うことがあって
夫婦連盟での年賀状で、ワタシの友人に出すのが嫌なのです。
って去年もブログに書いてました(笑)
百歩譲って(?)夫婦とも知り合いの人にはしょうがないとしても
ワタシの知り合いに彼の名前の方が先に書かれた年賀状が届くことがどうも納得できず・・・。
彼も、「自分の友人に夫婦連盟の必要はなし」の意見は一致しているので、
・ワタシは友人宛てはワタシの名前のみ。
・彼の年賀状も彼の友人へは彼の名前のみ。
・夫婦の知り合いは夫婦連盟。
の3パターンがあります。
絵柄は彼が作るのですが、上司には出せないような派手なものに
なってしまうので、私はさらに絵柄も2パターン(友人用とフォーマルなもの)作ります。

時間に換算するとただの無駄なコダワリなのかもしれないと思い始める今日この頃。

夫婦別姓も含めてジェンダー(社会的通念での性区別)や"常識"に対抗するのは、労力が要ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

年賀状は連名がいいのだろうか・・・

ワタシは年賀状は夫婦それぞれ作ります。
親戚だけは夫婦連名にしますが、ワタシの年賀状はワタシの名前のみ、
彼の年賀状は彼の名前のみです。
(昔はデザインも別々のものを作っていたのですが、今年は彼のデザインをもらいました。)

ワタシの友人はワタシの友人であって、
彼にとっては友人ではないというポリシーなのですが、これって冷たいのでしょうか。
あとは、連名にすると、彼の名前が先に来て、ワタシがアトっていうのも嫌なんです。
彼の友人はそれでよいのですが、私の友人への挨拶がまず彼の名前というのが。

今日、お昼を食べてた時に聞いた話は、
同僚はパスポートを旧姓で申請したいがために
その時だけ離婚をしたそうです。すごいなー。
ワタシはそこまでのパワーはなくて、転職後は新姓を使ってしまっているんだけれど
今は仕事は旧姓のままにすればよかったなぁと後悔しています。

名前って、自分で選べるわけでもなく、ユニークな番号とおなじ「個」をあらわす
だけなのに、どうしてだろうか。こんなに悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

ポイントは3回?

ワタシは講義をする仕事で、彼は客先でのプレゼンが多い仕事。
その関係か元々の性格かわかりませんが、
話し言葉とか伝える技術とかについて話すことがしばしば。
(プラス、ウケる手法もよく話題になる。)

彼曰く、「ポイントは3つあります」が効くとのこと。
1つしかないと少なくて、5個も6個もあるとポイントではない。
3つぐらいが覚えやすくて、具体性もチョウドいいらしい。

ついでに、笑わせる時も3回同じフレーズをちりばめるとよいそうです。
1回目のボケはまず受けない。2回目だと、「あれ?同じフレーズ?」と半信半疑。
3回目でやっと「あ、あなたボケてるのね」と認識して笑ってしまう。のだとか。

そんなうまくいくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

アツいブログが苦手

会社の同僚は、ブログの女王のブログ
が苦手だそうである。どこが面白いのかわからない、と。
トラックバック1000を超える人気ブログですから、面白くない、
と一言で片付けることもないだろうにな、とちょっと思う。

で、ワタシはというと。。。

やたらと前向きだったり、人生観を熱く語るブログが苦手です。
人に嫌なことをされてもつらい思いをしても
「この人はワタシのためを思って苦言を呈しているんだわ」
「これは神様が与えてくれた試練」
そんなにプラス思考じゃ、かえってこちらが疲れます。

毎日そんなに息つめてたら逝き急いでしまうように思うんです。
だって、人は毎日寝るでしょう。疲れを取るために。
たまに休日寝坊して、昼過ぎまで寝ちゃう事だってあるんじゃない?
意味もなく、やたらと買い物したり、テレビ見たり、漫画読んだり、ゲームしたり。
(あれ?全部ワタシのことか?(^^ゞ)

それと、文句ばかり書いているブログも苦手。

たまに見ると面白いけれど
「そんなに嫌なら直接言えば?」と。
なんと言っても、そういった人って大体社交的じゃないから
もともと情報が少ないのに自分に入ってきた情報だけで判断する。

裸の王様
にならないようにしてほしいな、と思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)